しあわせだいふく

スイッチかあさんは今年32歳になるので、
大学を卒業してからいつの間にやら10年の歳月が流れていたのですが。
それで、その10年をちょっとばかり振り返ってみると、
なんというか。あっという間なんですね。

確かに、10年前とは違うけど
5年くらい前まで所持金が通帳込みで三千円くらいだったし。
25歳の時はお笑いをやってたし、26歳でようやくコラムで賞を取ったけど
白塗りのパフォーマンスとかで旅費とかかかって、
相変わらず所持金は三千円くらいだったし。


何で私は気づくと三千円くらいしか持っていない人間なのでしょうかね?

まあ、でも
本当に困ったら原宿の路上で地面に敷物しいて、
箱の上に座って「山田スイッチのエジプトカード占い 一回500円」
っていうのをやれば、一日三千円くらいは儲かるわけで。
(その時は所持金ほぼゼロで、腹が減ってて飯が食えるか食えないかの賭けだったりしたわけですが…)

そんな極貧状態の時に、
原宿でまあ、やらなきゃ青森に帰るまで
ご飯食べられないってんで
レジャーシート敷いて一人で占いをしていたときに
近くでギター演奏をしていたお兄ちゃん達が、
なんつうか。私を励ますように、
隣に立って演奏してくれたことがあったんですね。

しかも、自分たちもそんなに稼げているようには
見えなかったのに、
500円玉出してくれて。
「いらない!」って言ったけど「それじゃ儲からないでしょ!」
って言われて。いい人達だなあって思って、カードを切ったんですね。
それが、約5年前。

その時のカードのことはよく覚えていて、
地味だけど努力すればどこかにたどり着けそうな印象のカードばかりで、
最終的結果に女神、ハトホルのカードを出していた。
私は答えた。

「もっと、女性を意識した音楽か、女性的な音楽にしたら、うまくいくと
思います。
あと、焦らずこつこつと、石段を一つずつ積み重ねるように上へ、上へと
登っていくことです。」

こんなこと言って怒られないかな?と思ったけども、
その人達は「女性かあ。そうだね。ファンの子、女の子多いもんなあ。」
って、真面目に応えてくれた。
その縁で一度、彼らのライブを観に行ったけど、
その時は、実を言うと私の好みの音楽とは違っていた。

遠く離れていたこともあって、
相手が男の子ということもあって。
ずっと連絡しないままに月日が流れたのだけど、
彼らは地道にライブ活動とオーディションを繰り返していた。

それから5年が経って。先日、NHKを見ていたら、
「みんなのうた」で、とても優しい旋律が流れてきた。
それが、彼らの新しい音楽だったのだ。
その音は、小さな子供を優しく包み込むような。

いつの間にかすりむいた痛みを解かしてくれるような
そんな音楽で。私は何故だか知らないけども涙が出る。
きっと、人の痛みがわかるから、こんなに優しい音が作れるのだろうなと
思う。

5年前に会った三叉路の混ちゃんは、
もっとずっと、きれいな声をしていた。


最近、日常のつまらないことが、とても幸福に感じられる。
なんとはなしに、生きてるだけでなんだか幸福なのだ。

三叉路(さんさろ)の「しあわせだいふく」を私は、
いつの間にか 食べていたのかもしれない。



三叉路, 川田雅之, 混×××, 古澤直樹, 屋嘉部盛正
しあわせだいふく

YOUTUBEで視聴できます。
音が出るから職場の人は気を付けて!

http://www.youtube.com/watch?v=249_8XrL14I&NR=1

みんなのうた版はこちら
http://www.youtube.com/watch?v=TQQ5X9i9Tus&feature=related