その人が。

その人が、

その目でどんなものを見て、

どんなものを感じているのか

それは、

その人とともにいなければ、わからない。

 

同じ風景を見ていても、

見ているものが違ったりするけど

その人の口から、見ていた景色が語られるのを

私は好む

 

見つけた石。

一つ一つちがう、石。

その石について思うことを、その人の口から聞きたい。

 

なんとも思わないよ。

それでもいい。

思ったことを語ってほしい。

 

田口ランディさんの見ている世界を、小説で初めて知ってから

私の見ている世界はとても大きく変わった。

彼女の、ものの見方が言葉で語られ、

私の目に入ってきたから。

 

一緒にいると、からだをつかって音を震わせて声を発して

語られる言葉に、またちがうものを感じる。

そうして、

人と、人とが、少しずつ

自分の見ている世界を 

分け合う

 

そういうとき、私は とてもうれしい。