心の柔軟剤

昨年五月二十一日。菌曜深夜の日記を読んだら、

 

「アクロンなら ♪対人関係にも、自信が持て~ます♪」と、ケンさんが歌っていた……。

くれ!! そのアクロンを、私にくれ!!


そういうわけで。

ブログジャンルが「育児・子育て」のくせに金原ひとみの『アッシュベイビー』をお勧めしたのがちょっとばかり心配のスイッチです。


妊婦は読まない方がいいよ!!


いや、妊婦の時に読んじゃったんだけどね……。

産前・産後はお勧めしないね……。

産後に読んでよかった……! と思ったのは、田口ランディさんの『ひかりのメリーゴーラウンド』。

田口 ランディ, 100%Orange
ひかりのメリーゴーラウンド


 この本の最後に向けて全体が光り輝いていく様がすごかったす。


 産後3ヶ月目に読んだとき、生まれ立ての赤ちゃんは光の塊のように描かれていて、それはめくりめくような感じで、パーッと光ってるのを想像しながら読み終わって、熱い塊を飲んだような気分で。「嗚呼、本が読めて本当によかった…!」と、

思ってふと横を見たら、生後3ヶ月目の我が子が光り輝いて見えたっす。すげえ……。


なんだか脳内のことと現実のことが、産後は特にあいまいなのですよ。

美空ひばりさんの歌うジャズ「ラ・ヴィ・アン・ローズ」とか聴きながら子育てしてたら、

オムツを干す手がやけに優雅に動くし。『頭蓋骨陥没楽団』のアルバム・『極道対宇宙人』を聴きながらオムツを干してたら、パンクロックに濡れたオムツを振り回しながら叫んでる自分がいるし。


産後は特に、あいまい……!!

現実を恐れるな! 夢も現実も多分、似たようなもんだ!!

日中、散歩に出かけて周りを5~6人のバアさんらに取り囲まれても、「心のアクロン」を持って、乗り超えるがいい!!

「あんらー! 母乳なの? 母乳なの?」

何故か母乳に異常にこだわるバアサンら……。不安を持つな! 対人関係は円滑に! だ!

 こういうときに心のアクロンを使えば、「もう、おがって、おがって~!(育って太くなりすぎてえ!)」という台詞は円滑に出てくる。


大事なのは心の柔軟剤よね……。

なんだかうまいまとめになってしまいましたが、

ケンさんありがとう……。