日本パン耳倶楽部

TVの「いきなり! 黄金伝説」を見てたら、いとうまいこ が
パン耳でパン粉を作っていた。
パンの耳、パン耳……。パン耳を見てると急に過去が蘇ってしまう。

「東京にいたときさ、あまりにもお腹が空いて、
パン屋にパンの耳もらいに行ったんだけど、
恥ずかしくって、パン耳くださいって、言えなかったんだよね……。」

すると、ケンさん。

「なんで言えねかったんズよ? 言えばいいばな。なんで、日本パン耳クラブの札、下げていかなかったんズな?」
「に、日本パン耳クラブ……?」

「おほん。ワシは日本パン耳クラブの会長じゃ。どれどれ、ここのパン耳は

いかがなものかの? 持ってくるがいい!

モグモグ……不味い!!」

「・・・いや、不味いって言ったらパン耳、もらえないでしょ!?」

「うるさい! この程度のパン耳でパンを出すなど、思い上がるにも程がある!!
最初っからやり直せ!

また来る。

 ……耳皇さま! 耳皇さまー!!」

耳皇?

耳皇・村田源二郎?

味皇村田源二郎は日本料理界の頂点を極める味皇グループの総帥である。
耳皇グループは日本パン耳界の頂点でもにぎってるのか?

「そんで腹減ったらまた行けばいいっきゃ。
どれどれ? 腕は上げたかの? パン耳を持ってくるがよい!」

「みっ、

耳皇様!!

「フム。……不味い!! こんなパン耳でよく店が出せたな!? 高慢にも程がある! 作り直せ!! 

また来る。『精進せいよ!!』

って、何度も何度もパン屋に来ては、耳だけ食べて帰っていくのか・・・?

ケンさん、恐ろしい子……!

この人には勝てないと・・・、何度も思わされる一日でした。