育児ホラー編始まる。

くしゃみをした後に、「ちっきしょー」とか、「てやんでい」と言う人が

よくいますが、昨日ケンさんがくしゃみをした後、

「へっくしょん……

    死ね!!」


と言っていました……。ケンさん、恐ろしい人……。

「ケンさん……、そんなにしょっちゅう『死ね』と言うのは、ちょっと考えものだよ……。本当に死んだら、どうするのさ?」

するとケンさん。

「それは死ねに込めた愛情が足りないからだいな!」

……愛!? 愛情なの? ケンさんにとって愛とは、

『死ね』ということなの!?

「ケンさん……!」
「死ね!」
「………うお…。(愛とは、別物だ……。)」

 大型食料品店「カブフーズ」店内で死ぬの死なないのと言い合いながら買い物を続けてるわけですが……。もしも「カブフーズ」の中で、「死ね」という声が聞こえてきたら、それはまさしく「ケンさん」です……。

 さて、ここからは「奥様朗報!」のコーナー。

先日、我が家のジム勤めの妹に持たせた弁当一ダースの結果が出ました!

 弁当は無事に解凍されたのか……妹の健康状態は回復に向かったのか……

答えは!?

「毎日弁当幸せ。ビバ!」


Cメール・フロム・ヒロチャン。


「ビバ!!!!!」


弁当は無事に解凍されました! 

玉子焼も

豚のしょうが風味砂糖酢醤油煮も、ちくわキュウリも、

無事に解凍されました! ビバ!!

姉は嬉しさでむせび泣きそうです……。

毎日幸せって、幸せって……、お姉ちゃんの方がしあわせだよーーーー。

そんなわけでこれを普段、離れて暮らす母に報告すると、母もやる気を出したらしく、妹の凍り弁当作りが始められた。

「お母さん、ギョーザって……本当にいけるのかな……。」

「火が通っていれば大丈夫よ!」

「こっちの弁当は……?」

「ああ、それ。ポテトサラダよ。」


(・・・ポテトサラダ!? 弁当一箱、ポテトサラダ!? 混じりっけなしの、ポテトサラダ!? お母さんそれ、『死ね』って言ってるの!?)

まただ……。また、うちの家族が独特なことをやらかし始めた……。

この弁当計画、妹の幸せはいつまで続くのだろうか、不安である…。

 

P・S 地元の新聞「陸奥新報」で毎週日曜連載している

「山田スイッチの育児日記」ですが、先週から

「育児ホラー編」に突入しました。陸奥新報をとってる方、いらしたら要チェックです。