育児日記

この画像(記事)は、陸奥新報社提供です。無断転載はできません。

第49回 独身貴族税。

先日、テレビで「少子化を防ぐためには
もっと子供のいる家庭への優遇措置を推し進めるべきでないか」
という討論をやっていたのだが。
補助金が出るから子供を産むのかというと、
それはちょっと違う気がして夫と話しあってみた。

私「補助金ってさ、支給されてもいつ打ち切られるか、わかんないよね…」
すると夫。
「余裕があれば子供産むと思ったら、大間違いだ!」
私「えっ」
夫「余裕があるから子供産むんでねえんだいな!
もっと切羽つまらねば、子供だのって、だ(誰)も産まねんだいな!」
私「そ…、そうか」
夫「子供だのって、もっと切羽詰まらねば産まねえんだはんで、
子供産まねばどんどん損するよんた状況を作らねば無理なんだいな!
例えばよ、独身税を徴収するとか…」
私「独身税!?」
夫「補助金っきゃ、いつ打ち切られるかわからねばって独身税だば一度開始せば、
なくなるもんでねべ。
そうやって、子供産まねば税金取られるっていう風にすれば、
嫌でも産むようになるべな?」
私「嫌でも産むって…、そんな税金、取っていいの…♥?」
夫「あのよ、独身の人は結婚して子供育てねえ分、
養育費やら何やらかからねえし、子供育てる時間も働いて金稼いじゅんだはんで、子供いる家庭よりも裕福に贅沢に暮らしちゅうんず。
だからこれは、贅沢税なんだいな。
独身税でねく、独身貴族税って言えば、だ(誰)も反対さね!」
独身貴族税…!
私「ど、独身貴族税は、いつから徴収されるのですか…!?」
夫「子供産める年さなったら、すぐだいな」
私「すぐ!?」
夫「二十歳さなったら、独身税。少子化対策さなるし、間違いねえ」
私「二十歳から払うの!?」
夫「しかも年々上がっていくんず。わい、今年も独身税払わねばマネって思えば、
なんだかんだ言わねえで結婚するんだいな!
ゆとりがあるから結婚さねんず。ゆとりねくなってまえば、結婚もするんだいな。
まあ、独身税を払ってでも子供産むよりやりてえことあるヤツだば、
それは認めてけるいな。税収は年金対策さもなるべ。
年金破綻の原因は少子化だもの」。
独身貴族税……。
お、恐ろしいいいいいい!!!!

とりあえず周りの独身貴族からは猛反対されそうだ。
別に好きで独身貴族でいるわけでねんだ!?とも言われるだろう。
だけどもやっぱり、「切羽つまらなきゃ産めないッスよ!」(心の叫び)
しかし、そんな切羽の詰まらせ方があるとは…。
ケンさん、恐ろしい人…♥

Powered by Mutsushinpoo Reader / ケンタク@賃貸人