今年のサイン

生きるって楽しい。

 

本に入れさせてもらうサインは、本ごとのテーマで違っていて、

一番最初に「しあわせスイッチ」に書かせていただいたサインは、

Push Your Happy Switch ! 

でした。

しあわせスイッチ

 

それで、ブラジルスイッチ

ブラジルスイッチ の時が 「生きる」 で、

わたしの3・11 あの日から始まる今日

「わたしの3・11」の時が

「日々を大切に生きる。」

 

こうしてみると、この2013年に自分の中から「生きるって、楽しい。」

という言葉が出てきたのは不思議であります。

 

「生きるのがつらい」が 二十代の頃の口癖でしたから。(笑)

 

だけど、この間ふと、人生をつまらなくさせるコツ100 というものを

考え付いた時に、

どうしたら人生をつまらなくさせることができるのか?

という問いに対して、

細かいことからいけば、「コンビニ弁当で一年暮す」とか、

いろいろあるんだけど(笑)、

 

「楽しいことを一切しないこと」

という答えが一つ出てきたんですね。

 

楽しいことって、田口ランディさんも言っていますが、

ものすごく疲れるんです。

楽しいことにかける力って半端なくかけるから、

そこでひどく疲弊するけど、本当は、魂を揺さぶるような、

力に満ちている。

 

多分、私はここ数年の怒濤の縄文祭のように、

ストーンサークル造ったりそこで祭をやったりしなかったら、

なにかがダメになってたろう……と思うんです。

今年は、この出版が一番楽しかった。

それできっと、

「生きるって、楽しい。」

という言葉が出てきたんだと思う。

 

毎日サインを入れて、知っている人のところに届けるんだけど、

どんどん売れていってまたサインを書いてを今、

繰り返しています。

嬉しい悲鳴です。

でももっとがんばらないと、書店に本が並ぶ前に

なくなってしまう……。

小規模出版の嬉しい悲鳴ですね。

 

生きるのを楽しくするには、しんどいけど楽しいこともする。

そして、それをやってる自分を、そんなに責めないこと。

「楽しいことばかりしやがって」とか、自分の中の声が聞こえても、

「楽しいけど苦しいんだから、いいじゃない」って

言ってあげよう。

子育てもそう。楽し苦しいけど、後から楽しいの方が勝っちゃうんだよね。

コツがつかめたら、のんびりやっていこうと思ってます。

コツコツがんばろうっと!