山田スイッチについて

 

山田スイッチ - 青森県在住コラムニスト。男児二人の母。

近年起こったこと。

2000年お笑いコンビ「しあわせスイッチ」結成 翌年解散

2001年11月ぴあコラム大賞受賞 約一年間weeklyぴあにてコラムを連載 

2003年処女単行本「しあわせスイッチ」を発刊 ケンさんと結婚 光文社知恵の森文庫より「しあわせ道場」を発刊 

2004年6月 ブラジルでサンマを売り歩く。

2004年「ブラジルスイッチ」 帰国後に妊娠。

2005年、長男(師匠)を出産。陸奥新報紙にて「山田スイッチの育児日記」を連載開始。

7月、知恵の森文庫より「トーキョー放浪記」を発刊。

出版記念パーティとして50名限定イベント「皿割り大会」を開催する。

2006年、育児に振り回される。

2007年、厄年に見舞われる。「あたしの存在全てが憎い?」「厄年最前線」。

4月、読売新聞青森県版で「山田スイッチのTHE・青森暮らし」連載開始。

2008年5月、作家・田口ランディさんと「縄文友の会」を結成。

7月舞踏家・雪雄子氏のバックダンサーとして金粉ショーに出演。

8月、自宅の庭に竪穴式住居を建てる。

同8月、竪穴式住居完成と共に妊娠発覚。

10月、青森県の縄文関連情報総合サイト JOMON FANで「あそこのおかあさん縄文人だから」連載。

翌年2月に次男を出産。

2009年秋 10月18日開催の三内丸山縄文大祭では、総合プロデュースを務める。

2010年 たまひよこっこクラブにて山田スイッチの縄文式子育てを連載。

(2011年4月号まで)2011年5月「私の3・11」(毎日新聞社)に寄稿する。齢35になりましたじゃ。

 

最近の活動とか

 

新聞等にコラム・イラストを掲載しています。

青森県内では小中学校・社会人向けの講演活動をしています。

お申込みは、お問い合わせフォームからご連絡ください。

 

連載とか

 

・読売新聞青森県版 / 「THE青森暮らし」

陸奥新報  / 「育児日記」連載終了

         「エコハンター」連載終了

         「魔法の百均」

・縄文ファン / 「あそこのお母さん縄文人だから