『今日からしつけをやめてみた』柴田愛子・あらいぴろよ著

そういえば私ってば、子どもが2人いるのでした。

 

上が中学生男子で、下が小学生男子☆

 

自宅庭に竪穴式住居を建てた際は、

 

出来上がった直後に妊娠がわかり、

 

縄文パワーで産んだと言われ、

 

縄文イベントをやっていたころは子供が0歳と4歳で、

 

乳飲み子抱えてイベントの打ち合わせに来るので

 

「遺跡で大規模な火を焚きたいんです!とか言っても

 

誰も無碍にはしませんでしたね。(*´ω`)♡

 

そんなわけで、レビューいきます☆(^▽^)/

『今日からしつけをやめてみた』を

 

子育て経験のあるお母さんが読んだら、

 

みんな泣くと思う。

 

どのシーンも通って来た道。

 

あの頃の自分に教えてあげたい本。

 

付箋を挟みながら読んでいたら、付箋だらけになりました。

 

「あなたがしている『しつけ』は効果のない無駄な行為です。」

 

「小さな子どもに必要なのは しつけではなく安心感です。

 

「公共の場で親ができることは 子どもの年齢によって変わります。」

 

「小さい子どもが暴力をふるうわけ」

 

「叱られれば叱られるほど、悪い子になる」

 

などなど。

 

これらの難題に、一つ一つ子どもの「発達段階」に合わせて

 

答えをくれる本でした。

 

「発達段階」というものがあることを、

 

なんで私たちは教えられずに母親になったのでしょうか。

でも、嘆いていないで子育てに対する新しい常識を作ってゆこう。

 

そう思える本でした。

 

出会って良かった本です。

 

『今日からしつけをやめてみた』柴田愛子・あらいぴろよ著 

 

(主婦の友社 刊)のレビューを書きました。(*´ω`)

 

返信する