あくまのおかあさん

 
5年くらい前に人生がすっごく忙しくて、
自己表現できないぐらい忙しかった時があったんだドグ。
 
そういう時でもエッセイとイラストは仕事で書いてたんだ
ドグけど、
一日中書いたり描いたりしていたかったのが本当だったドグ子はなんか、自己表現がしたくて、したくて、
ねんどをこね始めたんだドグ☆
 
百均の10色入りのねんどをこねて
悪魔のお母さんと悪魔ちゃん というキャラを作ってみたドグ子は
大満足☆
悪魔の居酒屋までねんどで作って、壁に
「もぐらシチュー」や「悪マッコリ」、
「オバ刺し(オバケの刺し身)」「爬虫類盛り合わせ」などのメニューも貼り、
ねんど紙芝居みたいなお話を作ったドグ☆
 
この時、ドグ子は「これをブログにしたら、ベネッセから
仕事が来るかもしれない……!」って
思ったんだドグ。
 
そうしたら1年以内にベネッセから、たまひよこっこクラブの
「こっこクラブ」に縄文漫画を描きませんか?
っていう仕事が来たんだドグ。
 
じょ、縄文漫画……!?
 
あ、あくまのおかあさんのお話は……???
 
「いえあの、縄文でお願い致します! 縄文は今、新しいので。」
 
ということで、半年ほどこっこクラブに漫画を描かせてもらってたんだドグけど、いつも願い事っていうのはなんか
曲がった方法で叶うなあ
ドグ子は思ったんだドグ☆
 
ご興味のある人は、
「あくまのおかあさん絵本」→ http://ameblo.jp/akumano-okaasan/
を見てね! ドグドグ~!