あらゆることは一長一短

 

ここ一年で携帯会社のMNP(他社からの移動でキャッシュバックがもらえたりする
お得な行為)を何台も行って、ほぼ無料でスマートフォンを十台手に入れたケンさんが
語るには、
どの機種も一長一短なんだそうです。
 
iphoneもモトローラも、ネクサスとかサムスンとか
様々な機種を取っ替え引っ替え使って
iphone、アイパッド、7インチに6インチと
様々なサイズを試して出した結論が
「どれも一長一短。」
 
と……いうことは、関ジャニ∞みたいに
無限大にイイ感じにはならないということなんだろうなと
思ったわけです。
 
これと同じように、お金になる仕事というのは
我慢が多い分一長一短ですし、
お金にならない仕事は我慢が少ない分、
賃金が安いので一長一短といえるわけです。
 
一長一長という状態になると多分、この世の法則を超えて
死んでしまうのかなあって思いますね。
良い人は早く死ぬと申しますが、それはこの世の法則を飛び越えてしまったから
向こうにいかなきゃいけなくなったということなのでしょうか。
 
冬なのでちょっと間違えると鬱っぽい気持ちになっちゃうから
そういう時はちょっくらアフリカにでも行って貧困に立ち向かってくらあ
って言えちゃうといいですよね。
日本にいるとやることなくて返ってオタオタしちゃいますもの。
 
だけど、自分の脳の中って意外と∞になりやすいなって
昨日、思いました。
自己完結といったらおしまいなのですが、
書いていると意識がなくなっていくのです。
自分と自分の状況という外部のものではなくて、おそらくは自分の
妄想の中という内部に完全に入り込んでしまうので
 
まず、自分がいなくなって
そうしたら無限に楽なんです。
 
没入するって安くてお得ですね。
 
うん。安い! 安いは主婦の味方なのです。
 
 
 
 

返信数:2

この記事へのコメントはRSS 2.0フィードで確認できます。

Both comments and pings are currently closed.

  1. 境航 より:

    同感です。
    ずっと没入しておれたらハッピーでしょうね。

  2. yamadaswitch より:

    主婦の味方だよ~!
    ハッピーだよ~

    すいっち