あんたんとこで、りんご食べてら?

12月になりましたね。

今日は冬なので少しエッチなお話を……

 

青森県の津軽地方では、普通に暮らしているだけで

りんごはどこからともなくもらって食べることができるものです。

 

秋田から引っ越してきた当初は、

ご近所さんからもらうりんごのお裾分けの多さに驚きました。

りんごがたくさん採れるシーズンには、

朝、戸口の前に何者かの手によってりんごがたくさん入ったビニール袋が置かれていることも

よくありました。(柿という場合もある。)

 

津軽の女性がお裾分けをしてくれる時、

ここの家でもりんごが余っていたら申し訳ない、ということで

前もって言うセリフがあるのです。

それが、

「あんたん(あなたの)とこでリンゴ、食べてら?」

というセリフなのですが。

 

ケンさんのお友達に、三十代だけど年上の女性が好きで好きで、

けっこういくら上でも大丈夫という人がいて、

60才くらいの人とセックスをしたらたいそう感謝されて

「拝まれた」という経験がある人がいます。

 

拝むほどありがたいって、それはもう、確実に60代を超えてる感がありますが。

それはそれはありがたがられたそうです。

で、その女性が行為の後、別れ際に言ったセリフが

 

「あんたんとこでリンゴ食べてら?」

 

であったとかなかったとか。(笑)

 

津軽ではリンゴは(ほぼ)タダで食べられるというお話でした☆

 

 

返信数:7

この記事へのコメントはRSS 2.0フィードで確認できます。

Both comments and pings are currently closed.

  1. グミィ より:

    まさに今日、りんごを頂きました(^_^)

    津軽人なのに近い親戚に、りんご農家さんが
    居ないグミィ家です。

    ひと回り年上の誕生日一緒の兄さんから
    プレゼントだと贈答用りんご貰いました♪
    …でもね、宮城に嫁いだ妹宅に横流し(笑)

  2. ももくめ より:

    60代オーバー…
    禁断の果実ですね!!(笑

  3. おふく より:

    すんごい話だなぁ。
    拝みたくもなるよなぁ。
    いい話だなぁ。

    リンゴ、医者いらず。
    我が家でも毎日食べています。
    でも、あんまりもらえないから、
    青森帰ったら、リンゴの友達をいっぱい作るんだ!(煩悩)

  4. yamadaswitch より:

    グミイ さん

    宮城の妹に横流し。笑
    こうしてりんごは需要のあるところに
    流れていくのですね☆

    スイッチ

  5. yamadaswitch より:

    ももくめ さん

    禁断の果実……!
    先輩作家さんに言われた言葉で
    「女はいくつになっても女なのよ!」
    という言葉があり、
    意外といくつまでもいけるようですよ!

    すげえ!

    すいっち

  6. yamadaswitch より:

    おふく さん

    拝みたくもなる……! 笑

    ひょっとすると県南の方はリンゴタダで食べれないのかも!?
    やっぱり弘前はリンゴ農家さんが多いからなのかな?
    八戸だとイカとかタダで食べれないかしら。
    せんべいは安く手に入るらしいです。

  7. おふく より:

    やっぱりタダで食べるには、
    ばっちゃネットワークが重要です。
    ばっちゃと友達になれると、
    これでもか!ともらえます。笑
    イカはもらったことないけど、サワラとかタラはごそっと
    もらえたりします。海の幸バンザイ。