いじめに関する注意喚起 ちょー、気をつけて!

小学校・中学校の講演に呼ばれても、

いじめに関するお話は暗くなるのでスイッチかあさんは

「地獄がこの世に存在しないお話」とか、楽しい話をするのですが

今日、ふと「これは伝えなきゃやばい!」と思ったことがあるので、

書くことに決めました。

 

いじめられてる人への注意喚起ではありません。

いじめをしている人への注意喚起です。

 

私はもう、小学生の時は転校生で、声が小さくて、何でも

言うことを聞きそうな大人しい女の子でしたから、

それはそれは長いこといじめられておったものです。

プールに沈められたり、醤油とソースを混ぜたものをコーラだと言われて飲まされそうになったり

校庭で何度も土下座させられたりとまあ、色々ありましたけど。

 

いじめられている側の子に関しては、生き延びれば大丈夫。

大事なのは生き延びることです。

 

しかし、いじめてる側の人っていうのは、

人生が続いているものだという意識がないんですよね。

恐ろしいことに、

人前で自分の最も嫌な部分を平気でお見せしているわけでしょう?

 

人をいじめるために色んなアイディアを出して、

私、意地悪するの平気な人間なんです! あー、いじめるの面白い!

ということを教室でも平気でやっているあなたは、

恐らく10年後、20年後、

まったくモテない人生を送ることになってしまうのです。

 

だって、自分の性格が悪いことをクラスのみんなの前でやっちゃっているんだから、

そんな性格の悪い嫁をもらいたい人なんていないでしょう?

結婚して自分の家族をいじめられたらかなわないから、

どんなにあなたの顔が良くても、体がセクシーでグラマラスでも、

やっぱり結婚だけは勘弁……って思うはずです。

だって性格が悪いんだから。

 

しかも、いじめて楽しいという気持ちを、あなたは簡単に手放すことができるでしょうか?

あなたはきっともう、やみつきになっているのです。

弱者をいたぶることで興奮を得てしまっているので、

それが性癖になってどんどん意地悪をしたくなっているのです。

先生は見ていないふりをしてくれるかもしれませんが、

そこで黙って見ている教室の男の子達、女の子達は

10年経っても20年経っても、あなたのしたことを忘れないでしょう。

 

就職試験の時もそれを忘れないでしょう。

面接であなたが楽しくやっていたいじめを知っている人が

もしその会社にいたとしたら、

丁寧にあなたをお断りするでしょう。

 

恐らく、いじめをしてしまうあなたは、

ご両親があなたの兄弟ばかりを可愛がり、ひいきしているのではないでしょうか?

私をいじめていたあの子がまさにそうでした。

 

今思うと、可哀相だなと思います。

だってそのせいで性格が悪くなっちゃったんだから。

本当はそれすらも彼女のせいではないのかもしれません。

だから、ご両親とは関係ない世界で、自分を伸ばすことを考えて下さい。

人をいじめている暇があったら、部活動にでも専念してください。

そして少しでもきれいな心を育てるんです。

 

心は全部顔に出ます。

いじめをしている時、あなたはその禍々しい顔を隠さなくても平気ですか? 

すごい顔になっていますよ。

 

いじめをやめた時、あきらめた時。

きっとあなたの顔は、取り憑いていた悪いものが離れ去って、

良い笑顔になっているのだと思います。

 

返信数:3

この記事へのコメントはRSS 2.0フィードで確認できます。

Both comments and pings are currently closed.

  1. yamadaswitch より:

    年に1回くらいいじめについて考えちゃうけど、
    考えている方向性はそう変わらないんだよね。
    生き延びることが一番大事だ~。

  2. 久作 より:

    いじめはされるほうにもしているほうにも良いとはっきり言える影響はあたえません。私は子供が中学生や小学生のころに「何があっても死ぬことだけはだめだから!」と言っていました。死んでいく子が後を絶たないのもいじめる子が居なくならないのも悲しいことです。生まれて大きくなることが、大きくすることがとても大変なことで無事に大人になれるということは、奇跡にちかいものです。自分が親に育ててもらえたことに、感謝してやみません。いじめる子は、自分のことが好きじゃないんだと思っています。その時、その時のことしか考えられないのでしょう…想像力の欠如があるのではないでしょうか?前を向いて生きていける生命力を人は持っているはずです。スイッチさんの言うとおり、生き延びることが一番です!!!

  3. yamadaswitch より:

    うん。久作さんありがと