うだつが上がらない。

ドグ子の職業は、うだつの上がらない物書きなんだドグけど、

なんでうだつが上がらないかというと、

すごく家族を大事にしてるからなんだドグね。




やっぱり、ご飯は自分で作らないと

納得できないとか、掃除とか洗濯も手を抜きたくないとか

だと、主婦のプロは目指せても

物書きのプロは目指せないんだと思うドグ。




なので、青森県の津軽地方という、

非常に狭い範囲で喜ばれる本を作っているんだドグけど、

生きていればそれなりに、ドグ子一人が暮らせるように

誰かが取り計らってくれるものなんだドグ。



「あいつ、生きてるんだからしょうがないな」って

感じで。



しょうがないよね。

生きているんだもの。



アイヌの村で会ったオカマの男の子が、

ドグ子を占ってくれた時、ただ単に「家族」のカードが出た

って言ったんだドグ。

その一言で、長年の悩みが一気に晴れて、

「そうなんだドグ~! 家族って、大事なんだドグ~!」



と、自分の本当の心が見えてスッキリしたことがあったドグ。

そのせいか、自分が書くものも描くものも

ほとんどが家族についてドグ。


なんか、家族という星の下に、生まれてきちゃったのかなあ? と。



うだつの上がらないドグ子は思うんでしたドグ。(*´ω`)