たまごサンド オア ダイ

たまごサンドさえあれば権力はいらない。
そう言い切った私にケンさんは言った。

「よく考えてみろ? AがあればBはいらないって発想はな、
AがなかったらBは必要だってことなんずよ。」

「A、がなければBが必要……?」

「ようするにお前は、たまごサンドがなければ、権力が必要なんだ?
ようするに、お前が欲しいものは権力だ!」

(……私の欲しい物は権力!?)

って、たまごサンドがなければ権力って、
たまごサンド  or 権力って!? アタシは、独裁者か!?

多少なりとも「自分の求めるもの=権力」にへこんだのですが、
それでもたまごサンドのもたらす幸せは絶頂のものであり、
こんな「最高の時」、常に私は「真逆の事態」を想像してしまいます。

「わーい、事故で半身不随とか、なりたくないなー!」

……!!

するとケンさん、

「何で半分で済む気でいるんずよ?」


「えっ?」
「半分で済むと思うな?」
「ってことは、全部?」
「当たりめだ。死だ。」

わー、死にたくなーい

(そんな一日。)