どこまでが運命?

今、異例中の異例と言われる聖人の


聖テレジア(テレーズ)の自伝を読んでいるんだドグけど、





キリスト教でも仏教でもアプローチがすごいなって


思うのは、





すっごいたくさんの人が普通に死ぬところドグ。





里中満智子先生の描いた「ブッダをめぐる人々」


の中でも、


生まれた子供がすぐ栄養失調で死んじゃって


死体を燃やすお金もないキサー・ゴータミー


(痩せたゴータミ―というあだ名)が





死体置き場に赤ちゃんを置きに行って


もう一回赤ちゃんにお別れを言ってくる……! と


思ったら、


野犬に食われてたという





衝撃的な一コマから始まるんだドグ。





で、聖テレーズの親はしょっちゅう妊娠していて


しょっちゅう子ども生んでるんだドグけど、


けっこう病弱で次々に死ぬんだドグ。





この子も死んだ、あの子も死んだ、


辛いと思っていたら今度は6歳まで育った子が死んだ。






しょっぱなからこんな「人、めっちゃ普通に死ぬ」原理を聞かされてくると、


「意味はわからないが神の思し召しなのだろう」





という考え方もあり得る気がしてくるんだドグ。





そう。敬虔なキリスト教徒はどんなに納得がいかないことが


起こっても、


「神様がお望みになった」の一言で納得してしまえるんだドグ。






この世の中には納得できないことがたくさんあるはずなのに、


全ては神の思し召し。望まれるがままに


と考えて生きることは、


完全なる運命論を生きることだと思うんだドグ。





「なぜ私の子が? と考えるなんて、せんなきこと」





そう言ってしまえる人しか


「今を生きる」の境地にはたどり着けないんだドグ。





振られて悲しいのも、子どもが死んで悲しいのも、


病気になって辛く「なぜ、私が?」と思うのも、頭が過去にいる証拠になってしまうドグ。





今を生きる人は、「しょうがないじゃん。次!」


と言って過去から現在へ楽に行ってしまうドグ。


すべてが運命で決まっているならば


ただ今を生きるよりほかがないんだドグ。





でも、生まれた時から「将来何になるの? 何歳までにやるの?」


と聞かれ続ける現代の子に、


運命論を受け入れるのは非常に難しいことだと思うドグ





「そう、運命は努力で変えられる!」





と、常に信じ込まされているからドグ。





「19歳までにアイドルデビューして途中方向転換して


24歳で女優に、その後ニュースキャスターを経て


政界に40歳でデビュー」






とか、なれなかった時に焦らずいる準備ができないじゃないドグか。


運命は努力で変えられるって信じ込まされているんじゃ。


やなせたかし先生はアンパンマンを絵本にしても、


「こんな辛気臭い本、もう書かないでください」と言われ続けたんだドグ。





でも、あるテレビディレクターが保育園で一番ボロボロになるまで読み込まれていたアンパンマンに目を止めて、アニメ化の話を持ち込み、


アニメにされ、ようやくアンパンマンが日の目を見たんだドグ。


その時、やなせたかし先生はもう70歳近くになっていたんだドグ。





でも、





70歳から輝くことが運命で決まっているのなら、


40歳が普通なのも運命で決まってるし、


30歳で焦ることも運命で決まっているはずドグ。






だったら、焦る必要って何一つないんじゃないか? って


思うドグ。





今月は、思いもしなかったことばかり起こる月なんだドグけど、


どれも運命なので、受け入れていこうと思うドグ~!