ものもらいの治し方

昨日の夜、突然ものもらいになって、目がかゆくなったので鏡でよく見てみると、

白目のあたりがぷっくら膨らんでいてマジでびびりました。



そういう時は、ホウ酸3㌘を150CCの水で溶かして、

2%の水溶液を作って、少しずつコップに移して

(アイボンの目を洗うコップがあるとなお便利です)、目のうがいをします。

コップは必ず1回1回きれいに洗っておくこと。



目がやられる時は体全体の抵抗力が落ちている時なので、

黙ってすぐに寝ます。



何度も何度も目のうがいをして、

家にある使いかけのタオルを全部消毒して
とにかくよむ眠ること。

そうすると、大体次の日には治っています。
治らない時は目医者にいきましょう。

抵抗力が落ちていることを忘れてはならないので、
次の日も無理をしない。
できるだけ休む。消化に良いものを食べる。

梅雨の季節、抵抗力が落ちている時は、ものもらいにも

かかりやすい季節です。

ホウ酸は薬局で売っているので、箱に書いてある使用上の注意をよく読んでご使用下さい。

 

追伸

読売新聞青森県版の「THE・青森暮らし」の連載は来週、再来週(7月13日、20日掲載分)が

参議院選挙の記事掲載のためおやすみとなります。

その間に9月発売のとある本の制作に向けてがんばっているところですが、

ものもらいを目安にして、がんばりすぎないように気をつけていきたいです☆

 

 

返信数:3

この記事へのコメントはRSS 2.0フィードで確認できます。

Both comments and pings are currently closed.

  1. 久作 より:

    機構が変化し易い時期です、からだの声に耳をかたむけて大事にしてあげてください!たぶん、青森よりは熱いのではないかと思われるので、慣れているとはいえ、油断召されぬようお願いします。こちらは今日の気温にロックオンされて息も絶え絶えですが…

  2. 久作 より:

    ごめんなさい、気候をまちがった、訂正します。

  3. yamadaswitch より:

    暑かったですね~! ああもう、ビールが美味しい季節です。(笑)