よしもとばななさんの「人生の旅をゆく2」

ばななさんの「人生の旅をゆく 2」を読んで、

震災の時、ばななさんがどうしていたのかを知ることができました。

ばななさんの本を読んでいると、まるで自分がその生活を体験しているような

妙な錯覚を覚えてしまう。だから、エッセイの中でけんちん汁が宅配便で送られてきたりすると、

私まで嬉しくなってしまう。

 

心に留めておきたい言葉を三つ。

 

 「掃除をすることも、歩くことも、起きることも、みんな瞑想の一部のように行えば瞑想の必要は

ないと聞いたことがある。自分の身体は寺院だからその祭壇にファストフードはお供えしない

方がいいという話しも。」

  ( 『人生の旅をゆく 2』 「青い女の青い憂鬱」より)

 

「あんなに好き合っていたら、好きすぎたら、いっしょに住むのは無理です。

結婚は無理です。公には言えませんけどね。」

 (『人生の旅をゆく2』  「河合先生ありがとう」より)

 

 「子犬は、ひもが身体にからんでしまうくらい毎歩いちいちとびはねて「わーい!」という

声が聞こえてきそうなくらいだった。

 目の前をひらひらする蝶を見ても、ゆれる緑の葉っぱを見ても、風が吹いてきても、車が

通っても、犬が通っても、おじいさんが通っても、乳母車が通っても、目をきらきらさせていちいち私を見上げる。

楽しくて楽しくてしかたない、どうしてこんなに世の中っておもしろいの?

 なんでこんなにきれいだったり、どきどきするの? こんな楽しいことがあるなんて、

信じられない、なんで産まれてきたことってこんなに楽しいの?

 そう言っているとしか思えないくらいに、嬉しそうなのだ。」

 

(『人生の旅をゆく 2』 「人生をつくるもの」より)

 

この後に語られた言葉は、震災後の日本を生きる上でほんとうに、

たいせつなものだと思った。

世界を見る目を、分けてもらう。そんなエッセイだった。

 

人生の旅をゆく 2

 

 

 

返信数:3

この記事へのコメントはRSS 2.0フィードで確認できます。

Both comments and pings are currently closed.

  1. 境航 より:

  2. 境航 より:

    手足を瞑想のように動かすのはつい忘れてしまいそうですね。
    町内会とかで呼びかけて欲しいです。

  3. yamadaswitch より:

    町内会でですか!