エコハンター第102回「激安ビューティー」

 
エコハンター第102回「激安ビューティー
 
値上げの秋に私が真っ先に何をやるかというと、化粧品を劇的にお安く済ませる方法を取るんですね。
私は洗顔と洗髪と身体を洗うのに、無添加のパイオニアとも呼ばれている「シャボン玉石けん」社製の「ビューティー・ソープ」を使っています。
この石けん、なんとたったの210円なんです…!
浴用石けんは135円で売っているのですが、やはり210円の石けんは浴用の物よりも品質がいいです。
 
以前に無添加がいいからと言って、無添加の台所用石けんで顔を洗って肌に合わなかったという方がいらしたのですが、やはり、お顔は台所用品とは違うので、それなりに品質のいい石けんを選んであげるといいのだと思います。
しかし、その「それなりに品質のいい石けん」というものは、210円で手に入ってしまうんですね。
 
使うコツは、やはり洗顔前に石けんをよく泡立てることです。三角コーナーに使うナイロンの水切りネットを使うと、石けん用の泡立てネットとほぼ同じ泡立ちになります。
泡立てた石けんを顔に乗せ、ふわふわの泡で顔全体を覆い、決してゴシゴシこすらないようにふわふわ、ふわふわさせながら洗った後、水で泡を流します。
ポイントは、お湯ではなくて水というところですね。
 
石けんは界面活性剤(水と油を混ぜるもの)です。お顔の上で界面が活性化(水と油の境目が混ざり乳化)している状態で、お湯を使って流すと、顔を守っている皮脂を落としすぎて肌が乾燥すると思うのです。
水で泡を落とすと泡切れは良くないのですが、2〜3度バシャバシャやってタオルで優しく水分を拭き取ると、顔の脂が抜けすぎずにちょうど良い洗い上がりになります。
そうするとその後のお手入れが楽なのです。
すなわち、化粧水代が減るということです。
洗顔の後はしっかりと保湿して、水分が蒸発しないように乳液かクリームで通気性の良いふたをすると
良いです!
ちなみに、この「通気性の良い蓋」という表現は、弘前市大町のハーブ&アロマサロンHirataの
平田洋子さんの名言です。
お肌の悩みは平田さんに相談するといいですよ~!
 
 
※※※この画像(記事は)は、陸奥新報社提供です。無断転載はできません。※※※

 

 

 

返信数:3

この記事へのコメントはRSS 2.0フィードで確認できます。

Both comments and pings are currently closed.

  1. 久作 より:

    我が家でも石鹸を泡立てるのに、水切りネット4を使っています。便利ですよね!!!

  2. yamadaswitch より:

    (^-^)pええ! とっても。

  3. おふく より:

    なんか、娘っこを出産してから化粧水がイマイチめんどくさいってゆうか、肌のお手入れが楽しくなくて、ここ4年程、化粧水もなんも使わず、朝の洗顔もせず、夜お風呂に入った時に、赤ちゃん用のアラウでちょろっと洗うだけで終わりというぐうたら。
    でも、さすがに、34歳、そろそろ保湿とか気にしなければいけない気になってきました。
    平田さん、私のお肌のお手入れスイッチ入れてくれるかな?いってみようかな?