エコハンター第117回「東北農民管弦楽団 結成記念演奏会」

 
エコハンター第117回「東北農民管弦楽団 結成記念演奏会」
 
彼女が欲しい男性も、彼氏が欲しい女性もたくさん余っているのに、なかなかその2人が出会えないでいるのは、違う場所にいるからではないでしょうか?
こういったことは、無農薬野菜を買い求めたい消費者と、一生懸命に無農薬野菜を作っていても、その販売ルートが確立していない生産者との間にも言えることだと思うんです。
 
どこに行けば無農薬野菜に「会える」のかと。そんな消費者にとって、出会いの場になり得るクラシックコンサートが23日午後一時から、岩木文化センター あそべ〜るで開かれます! 
 
その名も「東北農民管弦楽団 結成記念演奏会」です。
オーケストラを構成する70人の演奏者達は、いずれも農業や農協勤務、農学部生や農政職員、獣医さんやお米屋さん、花屋さん、肥料屋さん…と、「農」に関わる人達で構成されているのが特徴です。
農業と音楽を愛する人にはたまらない現場だと思います。
 
この楽団の着想は宮沢賢治の「農民芸術概論」から来ています。
音楽を愛する農業関係者たちが、農閑期である冬に集い、練習を重ね、農に携わる身であることに誇りを持ちながら、コンサートホールで楽器を演奏するというものです。
 
演奏曲は、ドヴォルザーク作の2曲(オペラ「いたずら農夫」序曲とロマンス)、ベートーヴェンの交響曲第6番「田園」です。
 
会場では無農薬栽培のジャガイモの販売があります。
この季節のジャガイモは収穫直後よりもでんぷんが糖化して、一番美味しいホクホクの甘いおイモになっているそうです。
それが1キロたったの300円! 
 
またゲストでバイオリンソロも披露する牧野時夫さん(北海道で「えこふぁーむ」という有機農園を経営)の有機ブドウジュースの販売もあります。
牧野さんのブドウジュースの美味しさは、誰も体験したことのない濃さにあるそうです。
安いワインに牧野さんのブドウジュースを入れると、高級ワインの味に変わるとまで言われ、ブドウそのものの味が楽しめるジュースです。
 
無農薬野菜の定期購入の申し込みもできるこの演奏会で、きっと素敵な生産者さんとの出会いがあると思います。
コンサートの入場料は1000円。素敵な人達に会いにいってみませんか?
 
イベントは終了しました!!
 
 
 
※※※この画像(記事は)は、陸奥新報社提供です。無断転載はできません。※※※