エコハンター第35回 「これからは味を売る時代」。

ねぇ、私気づいたんだけど、

土曜日もゴミの日っぽくないかしら?そうよきっとそう。

だからね、これから土曜にもエコハンターを更新するわ。

あと、掲載記事はその時の気分でランダムで決めるからよろしくね。

 

エコハンター第35回 「これからは味を売る時代」。

 

先日、粉末緑茶なる商品を購入してお湯で溶かして飲んだのですが、

意外と美味しかったのです。水でもすぐに溶けて感心し、

この一袋で湯飲み150杯もの緑茶が淹れられることを知った私は、打ち震えてしまいました。

湯飲みで150杯ということは、お茶のペットボトルだと約50杯ほどです。

ペットボトルで50杯のお茶を買って飲んだら、出るゴミの量はペットボトル50本分です。

しかし粉末緑茶を溶かして飲めば、

ゴミはチャック着きのプラスチック袋1つだというのがすごいと思うわけです。

 

国太楼 有機粉末緑茶 50g

ゴミって、液体を覆うものほど大げさになるじゃないですか。

瓶とかカンとか、ペットボトルとか。

しかし、粉末や固体を覆うものって、紙一枚とか袋1つとかで済むんですよね。

 

昔から夏の飲み物といえば、カルピスか麦茶だったわけで。

濃いめの原液を水で薄めて飲んだり、お茶を煮出して飲むというのは、

ゴミ処理の面から考えてもかなり経済的なことだったんですね。

そこで私は思ったわけです。これからは、味を売る時代だな…と。

 

水は水道から出せばゴミが出ないわけですから、浄水器を付けるなり、

水のボトルに竹炭や活性炭を入れて濾過すれば、美味しい水が飲めるわけで。

そこで味が必要な人は、味を買えばいいのではないかと。

 

水で薄めて飲むハチミツ入りのりんご酢※とか、ブルーベリー酢とか、

清涼飲料水の粉末や果汁100%のレモン汁など。

 

探すとジュースの素になるものはたくさん売っているのです。

私が最近よく作るのは、

シークワーサー(ヒラミレモン)のストレートジュース大さじ1と、

きび砂糖大さじ1を水100ccで割って氷を浮かべたもの。

めちゃくちゃ酸っぱくて美味しいので、一度飲んでみて下さい。

 

麦茶なんて1パックで1リットルの味が出るし、

カフェインレスでカロリーも0だというのですから、最高の飲み物ですよね。

麦茶の出涸らしなんかは土に埋めておけば

バクテリアが分解して自然に土に還りますし。

結局は、お茶やコーヒーを淹れる習慣というものが、一番エコだと思うのです。

 

ホッと一息入れるためにお茶やコーヒーを淹れると、

急須に茶葉を入れてお湯を注いでいる間に、気持ちが落ち着いてゆきます。

それが地球にも優しいなら、なお言うことなしですね!

 

ハチミツ入りんご酢 500ml

 

※カネショウのりんご酢 

 

青森県民なら一度は飲んだことがあるカネショウのりんご酢・ハチミツ入りは、

道の駅やデパートの中、果ては寿司屋の店内に無料で試飲できます。

県民のソウルドリンクだっきゃ~

 

<エコハンター第34回 「太陽光で充電の巻」へ>

<エコハンター第36回 「エコハンターの日焼け止め事情」へ>

 

ほかの回のエコハンターはこちら!

 

※※※この画像(記事)は、陸奥新報社提供です。無断転載はできません。※※※

 

返信数:2

この記事へのコメントはRSS 2.0フィードで確認できます。

Both comments and pings are currently closed.

  1. ままのわ より:

    りんご酢は美味しいですよねぇ^^
    小学校の頃、バーモント酢なるものを、やはり薄めて飲んでたんですが
    はて?バーモントって何だ?と今突然疑問に思ったので、後で調べてみますww

    弘前観光館の売店に、りんご酢の試飲があり、図書館に行くたびに
    息子のちびたんが飲んでいるので、申し訳なく思ってます
    今度、ちゃんと買おうっと

  2. yamadaswitch より:

    ままのわ さん

    バーモントって、バーモント州のバーモントなんですかね。

    りんごとハチミツ恋をした~♪

    ひょっとしてバーモント州のカレーはりんごとハチミツ入りなんですかね?

    観光館の売店にも試飲のアレ、あるんですね!

    アレを飲むことができるのは弘前市民の権利だから

    お金は払わなくてもいいと思いますよ。

    そのうち市民税か県民税で設置してくれるように

    市役所辺りに投書するといいですよ♪