エコハンター第65回「確実にものを減らせるテクニック」

エコハンター第65回「確実にものを減らせるテクニック」

 

2013年の目標は、シンプルに暮らすこと…。

「もう、物が溢れる家で物に圧迫されながら暮らすのは嫌だ!」と、

そう思いながらもうっかり雑貨店などに行ってしまって、

一向に物が減らないわが家なのです。

しかし、エコハンターは昨年から確実にものを減らせるテクニックを身に付けました。

それは一体何なのかというと、

が古くなる前にリサイクル店に売る」というテクニックです!

何故古くなる前なのかというと、

古くなって需要がなくなると

流石の何でも買いますが売りのリサイクル店でも、買ってくれなくなるからです。

なので、物は価値があるうちに売ってしまうのが一番効率がいいんですね。

 

昨年11月からコツコツと物を売り続けて、

大体どのようなものがどのような値段で売れていくのかを調べた結果、

ゲーム機器やパソコンの備品は、

買って2年以内の物なら大体は買ってもらえるということがわかりました!

わが家には、パソコンの備品の中身だけを購入して、

基盤や扇風機などの備品をガチャガチャと組み合わせて

パソコンを作ってしまうケンさんという夫がいます。  

 

壊れた部分や古くなった機械だけを

取り替えて修理できるという面では大変エコなのですが、

その古くなった外付けのDVDプレイヤーが、

嫁にとってはすごく邪魔なんですよ…。

燃やせないゴミに出すのも気が引けるし。

 

そう思って近くのリサイクル店に売りに行ったところ、

なんと600円で売ることができました! 買い取り価格に驚きです。 

だって、燃えないゴミに出すとゴミの袋代がかかるというのに、

タダで引き取ってもらえてお金までもらえるなんて…。

喜びのあまり、3年以上使わずに放置されていたゲーム機を売ってみたところ、

1000円もらえました。 

 

大体、購入額の20分の1の値段で買い取ってもらえるようです。

本は高く買ってもらえるものと

安く買ってもらえるものでばらつきがありますが、

大体新品の本は定価の20分の1のお値段で買ってもらえます。

 

ちなみに、十年以上前から未使用で家の中にあった

たこ焼き用のフライパン(箱・説明書付き)は、買ってもらえませんでした…。

物は価値があるうちに人のお役に立てるよう、

循環させるといいなあと思ったのでした。

 

<エコハンター第64回「なんかくしゃい」へ>

<エコハンター第66回「ホテルのシャンプーは洗濯に使えますねん」へ>

他の回のエコハンターはこちらから!

 

※※※この画像(記事)は、陸奥新報社提供です。無断転載はできません。※※※