エコハンター第77回「もっと洗濯をお安く、環境にも優しくする方法」

 

エコハンター第77回「エコハンター第77回「もっと洗濯をお安く、環境にも優しくする方法」」

 

本日は緊急速報!

「もっとお洗濯をお安く、しかも環境に優しく」特集です!

お洗濯に向いているアルカリ剤として、

炭酸塩(炭酸ナトリウム)やセスキ炭酸ソーダという粉末があるのを皆さんご存知ですか?  

 

炭酸塩は重曹に比べてアルカリ度の強いもので、

タンパク質などの汚れを落とす力が強く、しかもお安いのです。

セスキ炭酸ソーダは重曹よりもアルカリ度が強く、炭酸塩よりは弱いものです。

アルカリ度が強いので、素手で触る時はゴム手袋を使用するなどコツが必要ですが、

慣れると使い勝手の良い洗剤なのです。

お洗濯に使うと水に溶けやすく、液体石けんにほんの少し加えるだけで、

汚れ落ちがぐんとアップします。

また、軽い汚れだけなら炭酸塩のみでも落ちるのです。  

 

液体石けんや粉石けんの量を減らすと何がいいかというと、

排水中の有機物の量を減らすことができるんですね!

下水道が整備されていない地域では、有機物の栄養が大量に河川に流れ込むと、

湖や海の植物性プランクトン、または動物性プランクトンが異常発生して、

赤潮の原因になります。

 

日本の下水道普及率は、公益社団法人日本下水道協会のHPによると75.8%で、

青森県の下水道普及率は55.5%でしたので、

生活排水がそのまま河川に流れている地域はまだまだいっぱいあるんですね。

「米のとぎ汁を流さないだけで、環境に良い影響を与えます」というCMが昔ありましたが、

それはこういう意味だったんですね!   

 

そして、今回お勧めする炭酸塩とセスキ炭酸塩は無機物なので、

これ以上分解する必要がないという特徴があります。

また、柔軟剤にはクエン酸を使ったものが敏感肌の人にはお勧めです。

梅干しなどの酸っぱさの主成分がクエン酸なので、安心して使えますね。  

 

炭酸塩の使用量は、45リットルの水に対して

たったの小さじ1・5杯〜大さじ1杯弱(約10㌘)です。

セスキ炭酸塩は水45リットルに大さじ3杯が適量です。

そして、気になるお値段ですが…なんと、

通販で炭酸塩が1㎏525円の安値で売ってありました!

1㎏あれば100回はお洗濯ができますよね。

お洗濯1回約5円。

 

無機物によるアルカリお洗濯、ぜひ試してみてください!

 

 

<エコハンター第76回「造顔マッサージ」へ>

<エコハンター第78回「洗濯機の蓋は開けておくべきなのか?」へ>

他の回のエコハンターはこちらから!

 

※※※この画像(記事)は、陸奥新報社提供です。無断転載はできません。※※※