エネルギーの使い方。

ドグ子は、若い頃仙台の外来語専門学校(2年で卒業)に行って、

将来はオーストラリアで保母さんをするのが夢だったんだドグ。



それなのに、

親の反対にあい、

私立の4年制大学に行ってミステリーハンターを目指すうちに、



就いた職業は板前だったんだドグ。



正直、そこの板場に就職しなかったら、

物書きにはなれなかったなって思うドグ。

女子なのに板場。

しかも、いる人全員のキャラが濃いという空間に置かれて、


「なんでこんな目に遭うドグ~!?」



と、困ってなかったらきっと

物書きにはなれなかったんだドグ。



困り……それは、物書きにおいてなくてはならない

エネルギードグ。。




困りがなかったら、書かなくても済むんじゃないかって思うドグ。



それで、エネルギーについてなんだドグけど、

ドグ子は大学入学当初、

入りたくもない大学に入ったので相当、

エネルギーを無駄にしたんだドグ。



嫌いなことに使うエネルギーほど無駄なものはないドグ。

嫌を打ち消すのに、相当量のエネルギーを注ぐよりは、

好きに普通に、エネルギーを注いだ方が結果はいいドグ。



今から未来を予想することって

なかなかできないけど、

過去に起きた出来事を、「こうだったからではないか?」

と検証することはできるじゃないドグか。



何十年も生きてから、若い頃に起こったことを

「どうして起こっていたのか?」

と読み解くと、面白いぐらいにその

「本当の自分」が求めていたものがわかるドグ。




「ああ~、板場で体を壊したのは、やっぱり

自己表現の道に行きたかったからなんだドグね……」




って、後からなら言ってあげられるんだドグ。



それを言うと、嫌いな大学に行ってなぜか面白い板場に就職したのも、



「ああ~、物書きになるために天が用意してくれた

奇跡の店だったんだドグね……職場の先輩に元・全日本女子プロレスの人も

いたドグし」




って、思うんだドグ。



全日本女子プロレスにいた先輩は、

女子プロにいる間、練習がきつくて、きつくて、

ずっと居酒屋の店員に憧れていたんだドグって。




そして、女子プロの後輩だった子は、

「あたし、スーパーでレジ打ちできる女になりたい」

って、憧れていたんだそうドグ。





どこがゴールかなんて、わからないから。

できるだけ、気持ちよくエネルギーを注げるように

生きたいドグ~☆(*^-^*)