キンタマガールズ

どうにも私は、

一度思いついてしまったことをやり遂げるのに、

① 集める

② 調べる

③ 配る

 

という行程を経なければ気が済まない質らしく、

昨年の夏、私が「やらねばならぬ!!」と

思って、集めて作って、配ったのは、

 

「キンタマガールズ」

という架空ユニットのTシャツだった……。

 

昨年の夏、

ふとした時に 「キンタマガールズというユニットを作って、何かでデビューしたいなあ…」

と思っていた私は、

 

キンタマガールズ というロゴ入りのTシャツを作り、アメーバーボールという

水の入ったボコボコ付きの、ぶよぶよした玉をオモチャ屋で買うと、

「キンタマボール」と命名して、

キンタマガールズのメンバー(無理矢理入ってもらったメンバー……)4人に配った。

ちなみに、この時大のお気に入りだったキンタマ・ボールを

私は24個買って、人に配って歩いた。

 

そして、キンタマガールズのメンバーは、

 

キンタマ・ピンクは関西ぴ○の編集長、Aさん

キンタマ・ブルーはライターのASANOさん、

キンタマ・グリーンに担当編集のOさんをお願いして、

そして、トリに キンタマ・肌色になって下さい! とお手紙を書いて、愛する松尾さんに

無理矢理キンタマTシャツと、ボールを送りつけたのだった。

 

そして社歌を作詞作曲し、(キンタマガールズのテーマ~イトーヨーカドー哀歌~)

配り終えた時点で私は得も言われぬ達成感を味わい、

寝床に着いた。

 

(将来は、緒川たまきを勧誘して、キンタマ・パープルをやってもらおう……

なぜなら彼女の名前は、たまき(ん)だから……。

 

そう願って、全ての目的を果たしたように、

私はキンタマガールズのことを忘れてしまった……。

そう、配り終えた時点で何かが、完成してしまったのだ。

 

そういうところが私には多々あるので、ご注意願いたい。

しかし、この話には最後、とびっきりのサプライズが存在しており、

松尾さんに渡ったキンタマTシャツは、

ほんの一瞬かもしれないが、

小池○子の手に渡ったのだそうだ……。

 

私が一夏。一生懸命汗水垂らして制作した、

キンタマガールズのTシャツを小池○子が……!

 

かんむりょうだった

まるで夢を見ているみたいだったが、

あともう少しがんばれば、

ひょっとしたら緒川たまき(ん)にも

届いたのではないか…と思うと

自分のガッツの足りなさに「無念……」と

呟いてしまう。

 

今からでも遅くないので、緒川たまきを勧誘すべきだろうか……

お願いだから、キンタ○ガールズに入って下さい……! って。

(もう消滅したけど・・・。)