金子みすゞさんのこと

私は、童謡詩人の金子みすゞさんの詩が好きなのですが、

彼女は26歳の若さで死んでいて、

自分の詩が、死後何十年も経って人々に絶大な支持を得るなんて

知らずに、ただ娘のふうちゃんの親権のことだけを思って、

自殺してしまったわけです。

 

夫には浮気され、性病を移されて。大切な子どもをお風呂に入れて上げることもできずに……。

だけど、

金子みすゞの描く世界は、それ故にか透徹とした眼差しで、

微細なものから宇宙的な世界観へ、そしてその宇宙は小さなものの中へという

独特の、輪廻転生をも感じさせる体感を持って、描かれました。

 

どこがゴールなのかは、

わからない。

ただ、世界をそういう風に感じて生きた人がいた。

 

それを思うと、ゴールは永遠にない。感じて生きて死んだその先にも

何かがあるように思えてならない。

金子みすゞはもうこの世界にいないのか? と聞かれると、

そこここに偏在してやはり、いるような気がする。

 

死もゴールではないなら、ゴールは永遠に存在しないと

思うのです……。

 

私の一番すきな詩は、金子みすゞさんの「蜂と神さま」です。(^-^)p

詩の世界は本当に、奥が深いですね。世界をぐるっと回っているようです。

蜂と神さま

蜂はお花のなかに、

お花はお庭のなかに、

お庭は土塀のなかに、

土塀は町の中に、

町は日本の中に

日本は世界の中に

世界は神さまの中に。

そうして、そうして、神さまは、

小ちゃな蜂の中に。

金子 みすゞ