スイッチの奇妙な冒険2

地元紙でコツコツがんばりながら

連載200回まで約5年、つつがなく地元作家として

コツコツやってきたのですが、


これでも最初のうちは「月に一度は東京に行かなきゃ……」と


思っていたんです!


「青森県内は文章の仕事が極端に少ない。

やっぱり、この道で食っていくためには東京とつながっていなきゃ……」と

思い、何故か講○社とかに持ち込みに行って、

板前マンガの構想を編集さんと何度も打ち合わせていたのですが、


人見知りが激しく、普段通りでないことに

めっちゃ緊張感を覚える私はその、緊張感に耐えられず、

日に日に東京に行くのがしんどくなっちゃったんです☆


いえ、東京に行くのがダメなんじゃなくて、


人に会うのが実際、ものすごく苦手なので、

地元の新聞社にも本当~に、

数年に一度しか挨拶に行ってなかったんですNE……。


ダメの見本市みたいで恐縮ですが、

本当に私ってコミュ症かもしれないんです!


新聞社に挨拶に行く時は、

1時間以上前からビルの前に立って、


「行くべきか、このまま帰るべきか……」を


悩みますね。



いや、帰っちゃダメでしょう❢???


って誰でもわかるんですが。

もう、本当にお腹痛くなって帰りたくなるの。



実際に会っちゃえばテンションも上がるし

どうにでもなるんですが、

ビビリの私が人に会ってる時というのは


ビビり度MAXで、江頭2:50さんがテレビに出てくる時よりも


緊張しているのです。




そこへ、東京から来ためっちゃ身体を鍛えていそうな、

大竹まこと似の、やる気度MAXの支局長が、平川市のわが家に

紙面改正という引導を渡しにやって来たのですYO……。


ビビってますが、紙面を改正したいという話もわかります。

普通、一つのコラム連載が5年も続くなんて異常な話なんです。


「わわ、私は、占いができるので、その紙面改正占ってみましょう!! 

いや、遠慮はなさらずに!!

ほう……これは、

大々的に改正しなきゃいけないって出てますね……。


再生の意味を表すコガネムシが出ています。

もう、過去に囚われずに新しくしろって出てるので、紙面改正はお任せします!」



そんなこんなで

自分で引導を渡してしまった私……。


翌月の3月いっぱいで連載終了という約束が決まりました。

しかし、長く続いたので書籍化しましょう! ともご提案頂きました。



「ああ……とうとうこの連載も終わりか……。東京に行って新しい仕事を

取ってくるか、いっそのこと職種を変えようかしら……」



と、思っていたところに例の、


3・11の東日本大震災が起こったのです……!



to be continued……