タテタカコさんの歌

 

タテタカコさんの歌を聴いていると、
自分の中には余計な物が多いなと感じてしまう。
 
余計な物がすっかりと抜け落ちたように
音そのものに。
繊細な音を生み出すために、中にある世界を描き出すように
自分の身体のすべてを使って歌っているタテさんの姿を見ると
胸が詰まる。
 
音一つをこんなに厳しく、生み出して。
歌によって作る世界に私たちを連れ去ってしまう。
 
タテタカコさんと着物作家のやまもとゆみさんが、
台湾の人達が日本の震災の時にたくさん寄付をして、
助けてくれたお礼を言いに、
台湾まで歌いに行った。
 
まるで動物のように、感謝の気持ちを込めて
お礼が言いたいから歌いに行った。
 
「白い気持ち」というものを受け取ってしまう。
 
タテタカコ×やまもとゆみ ワールドツアー
来月はパリ。
http://yumirabi.exblog.jp/18458032/
 
 

 

返信数:2

この記事へのコメントはRSS 2.0フィードで確認できます。

Both comments and pings are currently closed.

  1. おふく より:

    うちの娘ッこの胎教の音楽が
    タテさんでした。
    タテさんのCDかけると
    お腹の中でぐるんぐるんしてた我が子。
    ただいまプリキュアになって
    私の実家のじいじを攻撃しています。

  2. yamadaswitch より:

    おふく さん

    タテタカコさんが胎教って、すごいですね~~~!!!!

    うちの子供は、二人とも胎教が
    電気グルーヴでした……☆

    教育に悪そうですよね……。笑