マジックナンバー3

 
日本人にとってのマジックナンバーは、


7・5・3なんだそうドグ。


國學院大学の小林達雄先生が教えてくれたんだドグ~!


何故か惹きつけられる、3という数字。





ドグ子はどうしても三姉妹で育ったからか、


3で物事がちょうどよく収まるという印象を持っているんだドグ。





少年隊も3人だし、


三人官女も3人、


五人囃子は5人であって6人ではない。


七五三はその名の通りに7・5・3歳にやる。


靴下は3足1080円。





3には何かあるという感覚は、縄文時代から続いているものなんだドグ!





三内丸山遺跡の六本柱について、


小林達雄先生は6という数を3+3で6だと表現されたんだドグ。


3本の柱は、2本とは違って計算しないと正確に直線上には並ばない


とおっしゃった小林先生。





つづきは青森県縄文情報総合サイト JOMON FANにて☆


http://aomori-jomon.jp/essay/?p=8263#more-8263