ランディさんの名言。

そもそも、この私をこんなふうにへたくそに演じているのは誰なの? これってなりたい私なの? (田口ランディ Twitterより)

 

という田口ランディさんの言葉。

ああ、演じていたのか……!

と思う。

 

そして、私は小学校5年生の時に、

新たな演目である「面白い自分」というのを演じ始めたことを

覚えている。

 

最初は、うまく演じられなかったけど、

次第に慣れて、うまくなっていく。

 

その時は、いじめられっ子でいる自分にほとほと疲れ、

飽きたのだ。

もう、いい加減に飽きたと、ほとほと疲れたというところまで

落ちないと、新しい自分って演じられない。

 

だって、そのいじめられっ子の自分を手放したくなかったのだから。

でも、手放すこともできるんだよね。

 

十年もやってれば、

新しい自分になっちゃう。

 

やってみようかと思ったら、動き時。