三月文化祭にアイヌ刺繍のマタンプシ登場!

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2014年 3月30日(日) PM12時~17時 at MID TOKYO 
女子修行部 三月文化祭
入場料 1ドリンク (500円)
 
当日のイベントに、津軽のこぎん刺しとアイヌ刺繍のマタンプシを持っていきます。
山田スイッチはエジプトカード占いで参加しますが、アイヌ刺繍やこぎん刺しに興味のある方、
乙女心をくすぐる可愛くて珍しい雑貨に出会いたい方は、ぜひとも遊びにいらして下さい。
 
アイヌ刺繍には強いエネルギーを刺繍することによって、
「神様に見つけてもらって、魔から身を守る」という意味が込められています。
渦巻文様であるモレウやモレウの連続からなる波、「目」を意味するシク、「神様の目」(カムイシク)など
アイヌの人々が強いエネルギーを襟元や袖口、額に巻くマタンプシ(鉢巻き)に刺繍し、
愛する人を魔から守ろうとしたものです。
 
アイヌの聖地・二風谷でシャーマンのアシリ・レラさんの元で1年間修行した
山形淑華さんのマタンプシは、確かな針運びが美しく、祈りの込められた一枚です。
アイヌ刺繍の美しさをぜひ、お手にとってご覧になってください。
 
アイヌ刺繍 マタンプシ 1,500円~3,500円
 
津軽のこぎん刺し
 
津軽の伝統刺繍・こぎん刺しの若手作家が作った雑貨はいかがですか?
東北では綿が育たず、江戸から入ってきたわずかな木綿の糸を使って津軽の人達は麻の布に刺繍を施すことによって寒さから身を守り、また農閑期の女性達はその美しさを競い、
晴れ着にこぎん刺しの刺繍を刺し綴りました。
幾何学的な文様の美しさと、
それを刺す人の想いが伝わるような刺繍の確かさ。
 
現代の女性にマッチした可愛らしさを身に纏ってみましょう
 
手帖のバンドに使っても可愛いこぎん刺しの
ヘアゴム 600円
両面がこぎん刺しのチャーム(絆創膏入れ) 1000円
 
 
首都圏では購入できない価格で販売致します。
津軽とアイヌの美に触れて見てください。