世界と自分を分ける方法

傷つくということは、

いつまでも「関係がある」と思うこと

なんだなって思ったんだドグ。


「奇跡の脳」の作者ジル・ボルト・テイラーは、

脳科学者であるのに自分が脳卒中になった時、

脳卒中にかかっていることを認識するのが遅れ、

左脳から出血した際に


「自分と自分以外の世界を分ける機能」を破壊され、


「意識が水のようになって、空間全体に拡がった」


ことを、著書の中で語っているんだドグ。

奇跡の脳―脳科学者の脳が壊れたとき (新潮文庫)

自分と自分以外のものを「分ける」機能が脳みそにはあって、(それは方向定位連合野って呼ばれる)

それが作動しているから人は、自分と他人を分けて考えることができるし、空間と自分とを区別することができるんだドグ。


自分の世界というものは、そもそも

自我を通して構築された世界であるから、

そこが壊れちゃった時は、悩みそのものが消えるんだなって

思ったドグ。


世界との一体感を味わったテイラーは、

右脳だけの甘美な世界、水のように意識が外に流れだす感覚を

味わったけど、10年近くの長い年月をかけて、

左脳の機能を取り戻すためのリハビリを行ったんだドグ。



左脳の機能が回復すると、

元の自分、色々なものを分けて考えたがる自分、マイナスな記憶を繰り返し思い出す自分が

現れて、世界全体に愛されている意識というものは消えてしまう

ものらしいんだドグけど、

それでもテイラーは必死の努力で左脳の機能を取り戻し、

その「脳卒中になった世界」を著書にまとめたんだドグ。


それで、ドグ子はどう思うのかというと、

自分の中の、ちっぽけな世界の世界貿易センタービルみたいなものを

破壊されても、実は世界は無数に存在していて、

違う人の脳で物事を見れば、壊れたと思ったものが

実は壊れてなかったりするんだなって思ったんだドグ。


ボンヤリしているドグ子が

ボンヤリを言語化するのってけっこう

難しいんだドグけど、

今日はちょっとだけ言葉にしてみたドグ~☆(^O^)p


ドグドグ~!