世界は振舞っている。

先月末から、ランディさんと数日過ごして、いろいろ話して教えてもらったのはドグ子の解釈で書くと……、
 
「物事は難しく考えると難しくなる。
簡単に考えると簡単になる。
そんなに難しいことはこの世界にはない。
ただ、難しく考えようとするだけ」
 
っていう、不思議なことだったんだドグ~。
 
原子よりも小さい素粒子って、小さすぎて観察する人の影響を受けるんだドグ。
だから、素粒子が普通にしている状態というのは、
本当は観測することができないんだドグよね。
観察者の影響通りに振る舞ってしまうドグから。
 
それを考えると、この世は見たいように振る舞われているとも
言えるわけドグ。
「世界に限界がある」と思って見るか、
「世界に限界がない」と思って見るかで、
見方は大きく変わるんだドグ。
 
う~んと、たとえて言うなら、
一人目の男性に振られて「もうこの世は終わった…死ぬしかない」
って言ってる人を見て、「いや、そんなことはないだろう!」
と言える力。可能性があると信じる力。まだまだ男はいっぱいいるという
現実を見据える力。
 
それがあれば、けっこうこの世は大丈夫って思えるはずドグ~☆(^▽^)/