主人公は、こっぴーかっぴーがっいー

師匠と夜、おはなしを作りながら寝るのですが。
二歳児相手にお話をして、たまに「間」をつくってあげると、
二歳児が勝手に話の続きをつくってくれることを発見!!

私「むかしむかし、あるところに男の子がいました。その、男の子の名前は……」

師匠「こっぴーかっぴーがっいーといいました。」

私「ハイイイイ!? な、なんという名前だ……。タイ人か!?」

私「こっぴーと怪獣のるんは、山に登って、電車が来るのを見ていました。
  その時です!!
  電車が走ってきたのに、線路に石が落ちているではありませんか!
 このままでは電車が転んでしまいます。
 どうしましょう!?」

師匠「ころばないでんしゃきました。」

転ばない電車ーーーーー!?

私「ころばないでんしゃ、きたの!?」

すると、師匠。

師匠「ころぶでんしゃもきました。」

転ぶでんしゃ……! それはもう、絶対絶命では……!?

すると師匠。

師匠「ころぶでんしゃ、だいじょうぶでした。」

あ~、よかった~!

って。聞いてる大人の方がハラハラします。
子供のストーリーテリングには予想がつきません。
転ばない電車は絶対、シドニィ・シェルダンには出てこないだろうなあ!

パオちゃんのおせんたく/なかがわ みちこ

¥714
Amazon.co.jp

さいきんの師匠のお気に入りの本。役場の図書館にありました。