今ここ強制装置としての飲尿。

今ここ強制装置としての飲尿療法。

15年ほど前に飲尿療法で鬱が治り、そのあと1年間飲み続け、

「飲尿の何が良かったか?」を考え続けた結果、

尿に効能があるわけではなく、あのひどい味を自分で飲まねばならぬという行為には、

無理やりに過去を振り返ってる暇も未来を不安がってる暇をもなくし、

「今ここ」に連れ戻すすごい勢いがあったのではないか? 

というのが最近の結論ドグ~!
「ブフォオオオオオオ!!!!!????」
ってとりあえず、叫ぶよ!

あれからずっと尿飲んでないけど、
鬱にならなくなったドグなあ……。( ;´Д`)