今日のケンさん。

マペ次郎がようやく登園したと思いきや、

風邪が師匠に感染していて本日は師匠が学校をお休みです。

とほほ……。

 

だけど小学生と三才児は雲泥の差。

ドラクエの攻略本読んでいい子にしてる師匠に、

頭が上がらないです。

 

マペ次郎の保育園バスを見送りながら、

「あの子は将来、学ランが似合うはずだわ……そうね、きっと師匠もバリバリ似合うはずだわ。」

と妄想し始め、

「ところでケンさん、ケンさんは学生時代、ボンタンとかはかなかった方でしょ?」

と隣にいた夫に聞くと、

「当たり前だばな。」

と言いました。続けて、

「わ(俺)は、自分の内面に絶対的な自信があるはんで、

見てくれにこだわらねいな!」

という、恐ろしく力強い返事が返ってきたのでした。

 

「そ……そうだね……その様子だと、学ランの裏地とか、裏ボタンとかも

普通だったんだね……」

「なっひゃあ、人間どもに服装まで合わせねばマネ(ダメな)んずよ?

そったのいらねいな!」

 

おそ、恐ろしいほど自分に自信を持った夫……。

その自信の10分の1でいいから、分けて欲しい嫁でした。