今日一日

今日は、師匠が学校にピアニカを忘れて、

届けに行ったはいいものの、休み時間になるまで学校の周りをウロウロして

不審者のようにしていたのです。

 

周りにりんご園があるので、花の落ちたりんごの少し

膨らんで実になる前の赤と緑が交じった小さな実を見ました。

 

毎年、自分が何をするのかが決まっていなくて

正直、今年がどんなことをするのか今の段階では

全然わからないのですが、

 

育って2年くらいのりんごの木が

頼りなさげに(でも懸命に)風に吹かれてフラフラしているのを見て、

「ああ、ただ生きていればそれでいいよね」

って思ったんでした。

 

学校の周りには立派な白樺の木もあるんだけど、

そうなるのはもう、60年経ってからでもいいかな、と。

とにかく焦らないで生きていることが大事だなあと

ここ最近は、思っているんです。