伸ばすところを間違えた☆

どうも、小中学校の合同芸術鑑賞に呼んで頂き、

頼まれてもいないのに全米ヒットチャート1位に輝いた

アヴリル・ラヴィーンの「GIRL FRIEND」で踊りまくって倒れた

ドグ子です☆



下が、ひらがなをやっと覚えたばかりの6歳から上が15歳(思春期)という、

今までで最も難しい年齢層を前にお話をしてきたのですが。



ドグ子は今まで、踊りで体育館全体を



湧かせられなかったことがないんです。



完全にアウェーの場所で中身が40手前の土偶が

アヴリル・ラヴィーン踊って200人の客席を湧かせられるだなんて。

後方の中学生がオールスタンディングで飛んでいるのを

視界のはじで捉えましたから、



酸欠で倒れてももう、本望だったドグ。



それで、タイトルの「伸ばすところを間違えた」ですが、

ドグ子はそっちを伸ばしていった方が

良かったのではないか? と、今更になって思ったんです。



今までの人生で、踊って会場を湧かせられなかったことなんて

なかったなあと。



動けば会場を湧かせられるなら、



動く方を磨いて来ればよかったのに……と



永遠の40手前になって気付いたりしたのでした。



が、

もしかすると、そっちの方を伸ばしていったとしても

この年令によるもので今頃、「もうあかん。別の道伸ばそう……」

思っていたのかもしれません。



ちなみに、下の写真は26歳の時のドグ子。

2002年の奈良美智 I DON'T MIND IF YOU FORGET ME展の

打ち上げの時に、ホテルのステージで踊ってたものです。



 



この時も「かわいい」と思って付けた防塵マスクが

思いの外酸素うまく吸えなくて、


踊り終わって酸欠で倒れたのを覚えています……。



だけど踊ってる間はこんなです。



今からでも、1分ぐらいはムリな踊りができるように

肺を鍛えよう
かと思っています。



がんばるドグ~☆