向こうの方が一枚上手。

占い師でもあるドグ子はたまに飲みの席とかで

よく無料占いをやっているんだドグけど、

占った方によく聞かれるのが、「自分のことも占うんですか?」

っていう質問ドグ。



それで、多分お客さんが聞いてるのは

「自分のことも占って、悪い運命をうまく避けているんですか?」



っていう意味だと思うんだけど

占いって、そういうものではないんだドグ。



占いっていうのは、「必ずうまくいくよ! その経験があなたを豊かにするから恐れずにいきなさい!」とか、「悪い運命が起こりそうだよ。でも、そのまま行きなさい! 必ずその経験が貴方を豊かにしてくれるからね!」

っていうものなんだドグ☆



必ず向こうの方が一枚上手で、

うまく運命に乗せられるようになっているドグ。



みんな、悪い運命を避けようとするドグ。

だけど、なんで大変な目に遭わされるかというと、

運命が「この子をもっと深みのある大人にしてあげたい」と

思っているからなんだドグ~。




だから、占いに出るのは

起こったことに対する対処法であって、

悪い運命も良い運命も

避けられないんだドグ!




起こったことに対しては、



「早く忘れて新しい出発をしよう」→火のカード

「1人でがんばらなくてもパートナーが助けてくれる」→双子のカード

「今は黙って物事を見つめて思慮深さを磨こう」→スフィンクスのカード

「屋外での活動をどんどんやろう」→シリウスのカード

「犠牲を伴った成長が求められているから、めんどうな方を取ろう」

→飾り留めのカード




という風に、

二十五通りの解決法の中から、一つを選んで教えてくれるドグ!



しかも、アドバイスすらも

傷つかない方法ではなく、

一度傷ついてから、その傷を癒す方法を教えてくれるドグ。



文章のことで言えば、

文章を書く人は

ある程度ひどい目に遭わないと面白い文章書けないドグ。



ドグ子も蚊に喰われて足が10センチ腫れるとか、

定期的にひどい目に遭わないと全然いい文章書けないドグ。



なので、多少のひどい目には感謝するように

しているドグ☆

 

ドグドグ~!