土偶になりました。

3月23日のねぶたの家「ワ・ラッセ」イベントホールでは、

できるだけ土偶っぽい雰囲気でいきますと

事前に予告していた私。

山田スイッチは、あまり嘘をつきません。

皆さんに嘘をつかないよう、こんな格好で参加させて頂きました!

「あたしドグ子。21歳OL。亀ヶ岡商事で働いているの。

先輩にはドグ子ってドジなんだから~って叱られてばかりだけど、

いつか一人前のOLになれるようにがんばります!」

 

そんなドグ子の初舞台は、

なんと、財団法人日本宇宙フォーラム参与の寺門邦次さんと、

これまでに800個以上の小惑星を発見してきた小惑星ハンターの

渡辺和郎さんだったの!

ドグ子、まさかのビッグネームにドキドキ☆しちゃった!

 

宇宙兄弟(1) (モーニングKC)

寺門さんは、なんとあの「宇宙兄弟」が始まる前に作者の小山さんから

取材を受けていた人なの。地球から400キロメートル上空にある宇宙ステーションが

一日に地球を16周もしているお話をしてくれて、ドグ子胸がドキドキ☆しちゃった!

小惑星ハンター

小惑星ハンターの渡辺さんからは星のことをうんと、詳しく教えてもらえたの!

惑星が惑っているから見つかるって、ドグ子には本当に目から鱗!

新しく名前を付けてもらった小惑星「縄文青森」は、

造語だから通るかなあ?って渡辺さん的には心配だったんだって!

「だけど通っちゃった」って、ドグ子的には超ハッピーな気分です!

 

だって、「縄文青森」って音の響きがすごくない?

別に、縄文秋田でも縄文新潟でもいいんだけど、

やたらと音の響きがいいのが「縄文青森」なんだよね☆

 

寺門さんには、日本人宇宙飛行士の山崎直子さんが詠んだ

宇宙短歌も披露していただいて、

ドグ子、一気に宇宙が身近になった気がします!

「瑠璃色の 地球も花も 宇宙の子」 (山崎直子)

 

宇宙から地球を眺めた女性の詠む短歌に、

ドグ子、ビビッと来ちゃった!

瑠璃色の花は桜のイメージなんですって。

ちょうど今の季節にぴったりの短歌で、ドグ子宇宙を感じちゃった!

 

後半はドグ子、亀ヶ岡商事の社員として、一生懸命縄文のことを

お話したんだけど、客席の皆さんがニコ☆ニコして聞いてくれたから

ドグ子、超ハッピーだった!

最後に嬉しくってみんなと握手がしたくなっちゃって、

小惑星ハンターの渡辺さんに握手を求めてお辞儀したら、

 

ドグ子、間違って渡辺さんに、

頭突きをしてしまったの……(> <) キャー! ごめんなさい!!

 

だけど、渡辺さん笑って許してくれて、

本当に優しい方でした!

 

会場に来てくれた皆さん、ありがとうございます!

小惑星「縄文青森」は、直径が約8キロメートルのお星様。

夜空に輝く縄文青森のことを思って、ドグ子は今日もがんばります!

 

寺門さん、渡辺さん、本当に

ありがとうございました!!

 

これからもドグ子のこと、よろしくね☆

 

 

返信数:2

この記事へのコメントはRSS 2.0フィードで確認できます。

Both comments and pings are currently closed.

  1. 境航 より:

    さすがスイッチさん!
    頭突きするわ、これは。

  2. yamadaswitch より:

    頭がでかすぎたんですよ~~~~~

    本当、申し訳なかったです~~~~