宗教的なテーマへの挑戦

スティックのりと修正液と定規を使って

ウルトラマンに拝んでもらったら、



なんとも言えない宗教的な雰囲気に。





昨日は宗教について考えて眠ったんだドグ~。



やっぱり最強の宗教は、太陽信仰かな? と。



ドグ子、2年ほど浄土真宗の勉強会に通って

親鸞上人のこと勉強してたんだけど、



親鸞っていえばドグ子のテキトウな解釈だと



悪人でも助かる「悪人正機説」とか

「俺が死んだら死体は鴨川にでも捨てとけ」って言ったことで



有名じゃないですか。



あと、「難度海を渡る船に乗る」とか、



「南無阿弥陀仏」って唱えたら誰でも救われるとか。



普通の人の心理だと、

「いやいや、唱えただけでは救われないでしょう???」

とか、



「そんな苦難の荒海を渡る船には乗ってるか? 

って聞かれたら私、乗っていませんわ」



って思うわけで。

船に乗りたくても乗れてない、



「南無阿弥陀仏と唱えただけで救われるって言われても、



全然救われた気がしない。」



って正直思っちゃうから。

だから親鸞上人みたいにがんばって

その境地まで行って、救われようってみんな

真面目に仏教勉強しよう~!!って考えになるんだと思うんだドグけど



どちらかと言うと親鸞上人って、

考えすぎて考えすぎて、ひっくり返って

逆に「救われたー!」ってバカになることができた

人なのかな?? と思ったの。



親鸞上人って若いころ、悩みまくってたから。

悩みの底までたどり着いて、ひっくり返ったんじゃないかしら。



ドグ子は太陽信仰の人だから、

「船乗った?」

って聞かれたら、

「乗った、乗った!」



って答えちゃうんだYONE☆



「えっマジで? それじゃ阿弥陀仏の本願には?」



「触れた、触れた! マジ救われちゃったYO~!」




って。こういうところはドグ子、

精神的に日サロに通ってるタイプに近いんDAYO~☆



ちなみに阿弥陀仏の本願っていうのは、



阿弥陀仏様が「全ての人間は俺が絶対の幸福のうちに救う!」

って誓ったから全員が救われるっていう話で。

全員が救われるっていうんだから、いわんや悪人をや

っていうのが悪人正機説だとドグ子は思うの。



それで、太陽信仰のいいところは

太陽って、本当に与えるだけ与えて、

見返りを求めないじゃないですか。

それは、誰にとっても太陽はそうだなあって。



ぽかぽかあったかいし。



太陽、最高じゃないですか。



だから、「阿弥陀仏って実際のところ、太陽なんでしょ?」



って思って言ったら、



浄土真宗の人に「それは全然違います!」

言われてしまったのだけど。



ドグ子にとっては太陽が

アミダブツなのでした☆



ドグ~!

 

返信数:2

この記事へのコメントはRSS 2.0フィードで確認できます。

Both comments and pings are currently closed.

  1. 手芸部nyoro より:

    太陽とは「親切」に似ている。
    ありがたいけど、されすぎると暑苦しい。
    だけど、やっぱり必要で・・・。
    世の中のお年寄りも太陽かな。
    うちの死んだばっちゃも「太陽」みたいな人でね、
    みんなに親切なの!
    でも親切すぎて「口うるさい」部分もあり。
    でも必要で・・・。
    太陽とは私にはそんな人間的な存在です(笑)

  2. yamadaswitch より:

    浴びすぎると太陽湿疹出るしね。笑 太陽信仰しているのに、日光アレルギーとはこれいかに。 好きなのにぃ。。。 nyoroさん、今度蟹田のストーンサークル案内するYO☆ 太陽信仰するのに打って付けです!