小林栗奈 利き蜜師物語 銀蜂の目覚め

利き蜜師物語 銀蜂の目覚め

雪の街幻想文学賞でおなじみの、

小林栗奈さんの本。

文章すっごくうまい。

利き蜜師って言葉に誘われるドグ~!

 

次の幻想文学賞で会えるかな?(^▽^)/ たのしみドグ~!

 

 

返信数:2

この記事へのコメントはRSS 2.0フィードで確認できます。

Both comments and pings are currently closed.

  1. 栗奈 より:

    ドグ子、ありがとう! 青森で会えるように頑張ります。

    ところで、うちの近所には、ウドラというゆるキャラがいて、
    ウドの妖精なんだけど、これが、ドグ子と張り合う可愛さなのです。
    キモ可愛いと評判のニシコくんもご近所さんだし、ぜひ遊びに来てください。

  2. yamadaswitch より:

    ウドの妖精ですか~!

    ていうか栗奈さん、本当に文章うまくなったね!!
    びっくりした。するする~っと読める。
    美しいです。
    ファンタジーの息遣いだね。