山田スイッチ最近の活動☆

遅くなりましたが、企画集団ぷりずむさんの隔月刊青森草子にエッセイが掲載されました

このリンゴのイラスト、めっちゃ気に入っています。(*´∇`)
企画集団ぷりずむさんは、『ゆきのまち幻想文学賞』を主宰されていて、

もう第28回だから28年も素晴らしい賞とその授賞式を行っているのです。

この賞のすごいところは、審査員に漫画家の萩尾望都先生、

エッセイストの乳井昌史先生が毎年、

4月に行われる八甲田ホテルの授賞式に来てくださること。

今年は、審査員に夢枕獏先生も加わって、幻想性が増し増しです。

夢枕獏先生もいらっしゃるのかしら!? 要お問い合わせですね。授賞式は申し込めば、

どなたでもご参加できます。

萩尾先生、ものすごい菩薩オーラ出てました。(*´∇`)

今、私が秘かに企んでいるのは、『各誌連携』。

陸奥新報紙で企画集団ぷりずむさんの文学賞を紹介したり、

ぷりずむさんで地湧社さんの本を紹介して頂いたり。

読売新聞青森県版で、ダウジングについてのエッセイを書いたり。

(なんと、『THE・青森暮らし』が連載420回を超えました! すごい!(^▽^)/)

 

素晴らしいものは、どこでもご紹介したい。それの大きなものが、

来週2月4日に桜新町の桜神宮会館で開催される、ブックフェア·ポトラなのだと思います。

なんと、青森県が誇る無農薬未熟果実入りのリンゴジュース、医果同源も会場で販売されます!

 これって奇跡のリンゴジュースですよ。飲むと本当に、大事にされてるなあって、感じるの。

 

ポトラの裏方に私もいるので、ぜひ遊びに来てくださいね☆(*´∇`) 

ダウジングコーナーのお手伝い、がんばりまーす☆