月食

本日は月食です。
月食は、物事が満ちるタイミングである満月の、
すごい版なのだと石井ゆかりさんの星占いで知りました。
 
ここ1週間ほど、満ちていく月の影響か
非常に濃密で忙しく、
ファンタスティックで気が狂いそうなことが
多かったような気がします。
 
今日は曇り空で良く見えないけど、
昨日の満月は見事なほどにまん丸で、
大きく光っていましたね。
 
うちのバッチャの本を、自分で出そうと決めてから
悩むことが少なくなりました。
出版不況のこのご時世ですから、昨年までは東京の編集さん次第で、
1年かけて書いていたこの原稿が形になるのかならないのかが、
いつも「わからない」状態のまま、
首の皮一枚で繋がっているような感覚があったのですが。
 
自分で出そう。出せるんだ! と思って取りかかってみたら、
自分の人生を人に預けていて、その人次第でどうなるかが決まってしまうという
ちょっとした怖さから、抜けられた気がするのです。
 
もう、自分で自分の作りたい物を
作っていいんだ……! と、感じられるようになりました。
自分でイメージして、それをどんどん形にしていいんだと、
失われていた力が戻ってきたように感じました。
 
満月を見ると、恋愛がうまくいかなかった10代の頃を思い出します。
あの頃も、全部のことが自分で決められず、
嫌われるのがこわくて動けないような
人に運命を預けているような
そんな悲しい気持ちがあったのですが、
 
ようやく、子どもを産んで育てて落ち着いて来たら、
自分の人生が自分にちゃんと付いてきていると
感じられるようになりました。
 
なんだか今日は変なことばかり書いていますが、
 
 
それも月食のせいなのでしょうね。