毎日何か降りてくる。

頭の中に誰かがいて、

その人は毎日、何かを思いつく。

そして基本、私はその人の命令に従ってしまう。

従わなくてもいいんだけど、その人は手に負えないほどバカでとびっきりの

魅力のある変人で、

ついつい言うことを聞いてしまう。

その、繰り返しが私にとっての

生きるってことなんだと思う。

昨日は、時折 視界がゼロに なるくらいの

猛烈な吹雪だった。

このまま死ぬかもしれないくらいの吹雪だったけど、

たなちゅうさんのお通夜に行きたい から 車を 飛ばした。

今日 やることは決まってる。

決まっていない時さえ、「決まっていない」ということが決まっている。

脳みそがやれと言っているから やらないわけにはいかない。

お通夜は、

 

たなちゅうさんが、みんなに愛され、そして

みんながたなちゅうさんの 優しい眼差しを覚えていて、

写真には、いつも

観音様のように優しい笑顔の奥さんが

一緒に映っていて…………

どれだけこの人の 人生が 素晴らしいものだったか

が ぎゅっと 伝わって 来て、会場 で、みんな泣いた。

吹雪の中、この会場にたどり着けたことを

本当に 感謝した。

たくさんの、思い出が、行き来して。

場が 愛情に、満ちて いた。

 

 

 

地震が、

起きた後も私は、

今日やることを。

降りて きた ことだけ を

ただ、

やっているだけだ。

 

ものすごく、チューニングされた、何か。

ラジオのダイヤルをぐるぐる回して、今日やるべき事を やる。

人って、色々なことをするけど

どうしてそうすることになったのかと

悩む時が ある  よね。

 

 
うまくいかない時は悩めるけど、
うまくいくときは悩めない。
だけど、うまくいっても悩んだりもする。
まったくの 謎。
 
友達が、去年、(か一昨年)
市長かなんかの選挙に出て、落ちた
ときに落ち込んで いたんだけど、
 
その時、一ヶ月くらい前に 自分が何かの賞に 落ちて がっくりと落ち込んで いたので、
彼 に 納得する言葉を かける こと が できた……気がする。
 
あのときは、自分ががっくりと 落ち込んでいて
 
ほんとうに 良かったなあ~って思った。
 
 
「あなたは自分の頭が出す命令に従って、きちんとがんばったから大丈夫! 
だって自分の頭が出す命令には、絶対逆らえないんだから。
さあ、今、自分の頭は何を命じている? その声に従って、次の任務を遂行せよ!」
 
そんなことを言ったら、私も友達も、すごく楽になって
 
そっかー、あの人には 逆らえないものなあって、
 
アハハと笑ったのだった。
 
彼はすぐ、頭の命令通り
旅にでた。
 
どんな時でも必ず、頭の中に
誰かがいて
その指令に
従っている   わけだけど。
 
 
 
この頭の中にいる人って一体、
 
 
 
誰なんだろうね。
 
 
 
つかず離れず、
 
 
付き合っているけどね
……。
 

返信数:4

この記事へのコメントはRSS 2.0フィードで確認できます。

Both comments and pings are currently closed.

  1. Nak より:

    天使のカツオと悪魔のカツオです

  2. yamadaswitch より:

    ええっ!?

    サザエ~~~! 変な人が下に来てるぞ~~~!

  3. ゆきんこ より:

    すごくわかります。
    スピリチュアル的な観点だと、「指導霊」とかですかね?
    そして、ホ・オポノポノでいうところの「ウニヒピリ」だと思います。
    本、読んでみて下さい。
    きっと「うん、そうそう…!」って思うかもしれません。

  4. yamadaswitch より:

    ゆきんこ さん

    ウニヒピリって、なんか美味しそうだね……。

    アイヌ語で、ウニは美味しいとかではないのだろうけども。

    ホ・オポノポノはなんか聞いたことがあるような
    気がします!

    オポノポノってまた、可愛い響きですね……。

    (^-^)p