渋谷ヒカリエ 荒木経惟「花ト恋人(こいじん)」

アートコーディネーターの内田真由美さんから頂いた、

アラーキー写真展のご案内です。
アラーキーの感じている世界が、私は好きです。

元気で、狂おしいほどの愛を持った人なんだと思います。

以下、頂いたメーリングから転載させていただきますね。

太字と赤字は、私が勝手に入れたものです。

なんか、すごいなと思って。
***************************************************

荒木経惟展「花ト恋人(こいじん)」

会場:渋谷ヒカリエ(8階) 8/ CUBE

会期:2012年5月16日(水) - 28日(月)

11:00~20:00

入場無料

企画:内田真由美+タカ・イシイギャラリー

☆★☆★☆★☆★

日本を代表する写真家、アラーキーこと荒木経惟のポラロイドによる写真展。

エネルギッシュな活動で常に注目を集め続け、海外でも高い評価を得る荒木は、

人が生きることの悦びと哀しみ、その深さを、圧倒的な写真の力で見せてくれます。

長年撮り続けてきたポラロイドより、花と女1000点を展示します。

荒木は、新しいことが始まる渋谷に花を捧げ、 「新天地」に「新世界」にしたい、

そして、福島に花を捧げ、福島を「楽園」にしたいと語っています。

「花は女であり、女は花である」という荒木。

「花は生殖器なんだよ、女も生殖に関係するだろ、 今、一番欠けているのがエロ、

エロというのは生きる力や悦びだからね」。

 

会場には、初来日したレディ・ガガとのフォト・セッションによる 迫力ある大判写真7点も展示します。

以前より荒木に撮影されることを熱望していたガガ。

2009年に初来日した際に実現したアラーキーとガガのフォト・セッション。

他に、荒木が古希を迎えた2010年に撮影した「古希ノ写真」より 花の写真なども展示します。

 

また、会場において、荒木によって生み出された、映画でもなくスライドでもない、

新しい写真表現である映像作品「アラキネマ」19本を連続上映します。

 

荒木は、本展開催中の5月25日に72歳を迎えます。

2008年に前立腺がんを患い手術、闘病を経て、ますますパワフルな制作活動を続ける アラーキー。

「シャッター音は鼓動、写真を撮ること自体が生活であり、人生」

と言う荒木。 会場にほとばしる荒木の写真への情熱、そして会場に充満する“生”。

長年撮影し続けてきた花と女のポラロイド1000点、 レディ・ガガとのフォト・セッション、

映像作品「アラキネマ」の連続上映。

アラーキーの世界をお楽しみください。

http://www.hikarie8.com/home.shtml

 

***********************************************************************

オマケ。

私のアラーキーおすすめ写真集

いい顔してる人

熊本の美術館で、1才未満の赤ちゃんと母親のヌード写真を

一般公募で撮影したアラーキー。

写真を展示したら、その場がカテドラル(聖堂)になっちゃった! とアラーキーは言います。

母子の聖性に満ちた写真を見た時、

黙って涙が流れました。

 

いい顔してる人の写真と、アラーキーの語りで構成されているこの本は、

だらだらしゃべっているようでその、どれもが本質をついていると

思わせるんですね。

日本に足りないのがエロならば、

アラーキーこそがこの日本を救うのかもしれません。

 

 

 

 

 

返信数:4

この記事へのコメントはRSS 2.0フィードで確認できます。

Both comments and pings are currently closed.

  1. おふく より:

    エロは世界をうごかしますね。
    アラーキー大好き。
    顔は一番魅力的なヌード!
    私も魅力的でいられるように、
    いい顔してなくては!

  2. yamadaswitch より:

    おふくさん

    おお……!
    「エロは世界を動かす」……!
    ビッグですねえ! 世界が動いちゃうなんて。

    最近、とみにすっぴんになってしまった
    スイッチでした☆

  3. おふく より:

    私、ほぼすっぴんです!
    お化粧始めると、どこいくの???
    と、娘っ子に心配されます(TvT)笑

    すっぴんだって、ぴかぴかの笑顔があれば
    すてきなんだーい!笑

    。。英雄色を好みますしね★
    世界だって動いちゃうぜ!

  4. yamadaswitch より:

    おふく さん

    「お化粧すると、どこいくの???」
    って、わかるー!

    うちもそう言われます。笑

    英雄色を好む、良い言葉です。