無意味せんげんについて

新ブログのタイトルは「無意味せんげん」なのですが、

これは「無意味宣言」と「無意味千言」を

かけていまして。

このブログを続けるうちに大体、2年くらいで

無意味な言葉が千個連なるように

なればいいなと思っています。

 

35年も、思いつきで生きているとですね。

思いつきにも磨きがかかってきて、すべてのことに

意味がなくても当たれるようになってくるような気がします。

大事なのは死なないことです。

生きることにそんなに意味とか価値とかは必要ありません。

思いついたことに夢中になっているうちに、

時間が過ぎて死ねるのであれば

それが一番いいと思います。

 

だけど思いついたことを無視していると、

心がダメージを受ける……というのを感じます。

基本的に人は受信アンテナだと思うので、

思いつきというものはその人のアンテナのみが受信できる

信号なのです。

 

「その思いつきを捨てる思いつき」というのも

すばらしい思いつきなので、向こうから信号が来たら、

受信して、人生を楽しめばいいんだと思います。

 

今日は一体、どんな信号が来るかな。

そういう風に考えて過ごしているうちに、

毎日来る新しい信号が楽しみになってきました。

今日、何が起こるかが全然わからないなんて。

まったく面白いことです。