生きるのつらい?

ドグ子、20代の頃「生きるのつらい」が口癖だったんだドグけど、
それを言うと相方が、

「生き~る~ことが~♪ つらいとか~♪ 苦しい~だと~か~
言うま~えに~♫ 野にぃぃ~~咲く♫ 花ならば~
力のかぎ~り~ 生きて~やれ~」

 

と、松山千春の「大空と大地の中で」を歌い出すので、
それを聞くと笑っちゃって、
生きるのつらいもバカバカしくなっちゃって、
気付いたらけっこう、生きるの楽しくなってたんだドグ。

 

お笑いのネタとかも、

「なんで人は悲しみをごまかしながら、生きていかねばならないのですかーーーー!?」

って言うと、相方が来て、
私の肩をポンと叩いて言うんだドグ。

「生きててもいいことないよ?」

って。笑顔で。

で、「そーれい!」と
バレーボールとか始めちゃうんだドグ。

 

だから、やっぱり周りの人がどんな人間かって
すごく大事で。

松山千春を歌われ続けたら、流石に「生きるのつらい」って
言うのも笑い話になってきちゃって。

ようやく生きるつらさから、抜け出れたような気が
するんだドグ~。(*´Д`)