秋の岩木山が一番きれいだけど冠雪の春も捨てがたい。

 
もうすっかり秋の気候ですね。
先月の23日に、岩木山がとてもきれいで雲が美しかったので、
岩木遠足が無事に、行われたんだなあと麓から岩木山を
観て思いました。
 
 
津軽に住んでいると、山がきれいとか、雲がきれいという
目に見える事象の中に、神様が喜んでいるかどうかの
気配を探してしまいます。
 
 
夕暮れの岩木山。薔薇色の夕焼けはいつもダイナミックで、
写真に捉えることはほとんど不可能だと思う。
本当はもっと、もっと美しいのです。
 
 
 
雨の日も
雨の雫が一滴一滴と落ちる姿が
美しくて。そこに、神様の気配を感じてしまうのです。
 

返信数:2

この記事へのコメントはRSS 2.0フィードで確認できます。

Both comments and pings are currently closed.

  1. 手芸部nyoro より:

    うん。
    とてもキレイ。
    色づいた岩木山はセクシーというか色っぽい。

    春に雪のベールが残った岩木山も素敵☆

    この前の大雨の後、岩木山の表情が変わった。
    「形が変わった」って人もいたけど、
    私には表情が荒々しくなったように感じた。

    最近はまた穏やかなやわらかい表情に戻った気がします。
    紅葉のお化粧も素敵♪

    岩木山は「女性」だと聞いたことがあるけど、ほんとにそうかもしれないって思う。

  2. yamadaswitch より:

    nyoroさん

    そうだね-!
    秋の紅葉はお化粧。山笑う秋ってよく言ったものだよね!

    nyoroさんに叶姉妹の写真集を返さなきゃ! ってマジ思ってるんですが
    いつ頃どこに、持って行こうかな?

    連絡ください~!

    スイッチより(^-^)p