第二回 ヨークカルチャー エッセイ大会弘前☆

さて! 隔週木曜でイトーヨーカドー弘前の7階

ヨークカルチャーセンターでエッセイ講座をやっているスイッチですが、

今回、お題を「真実だと思っていること」にしたところ、

格段にみんなのエッセイが良くなりました!!

 

やっぱり、真実だと思っていることって

人それぞれ違って、それぞれ面白い!!

20分で書いてもらっているので、校正とかする時間ないのですが、

格段にうまくなってる。

 

今日はマロンさんと影太さんの「真実だと思っていること」をお届けしますね!

 

これが真実だと思っている事    マロン
 
 
努力は必要だ。しかし、意味のない考えのない努力はムダだ。
学生の頃 勉強がキライだった。
キライだから勉強しても入ってこない。
Xは?Yは?しらんがな。
家庭科は好きだった。美術も好きだった。
好きだから意味があった。うん。
いつまでも若々しくいたいと思う。
だからお肌の手入れはキチンとする。うん、マイナス5歳肌キープ。
運動は苦手だ。苦手な物は長くつづかない。
 
努力してもムダな事もある。
二のうでが太い。どうにもならん。
いとこに言ったら「工藤家のまぎだね」と言われた。
彼女は運動好きだ。ソフト部であった。
あんだけ運動してたらうでが細くなりそうだけど
「わもふりそでだね」
そうか。ダイエットしてもどうにもならない事も世の中にはあるんだな。
 
世の中 努力でどうにかなる事も ならないこともあるんだナ。
―――だって私 AKBにはなれないし、
  体重だって40kg前半にもなれないもの。
 
  でもでも同級生が次々とおばちゃん化するのを見ると
  お肌と脳内はピカピカにしておきたいなあ。
  出来る努力は必要かあ。
 

☆☆☆☆☆

 

これが真実だと思っている事    影太
 
悲しみの感情は ほんのささいな事で、笑いに変れる。
頭では悲しい 辛いって思っていても TVからあまりにも陽気な音楽が流れてきたり 家の外から近所のおばさんのクシャミが聞こえたりすると 気持ちはそっちに傾き悲しみをふと忘れてしまう。
 
笑ってはいけない場面に居れば居るほどその<けいこう>が強くなる。
普段なら全然 おもしろくも何とも無いのに悲しみや辛いときほど強く感じてしまう気が…
 
神妙に話を聞いている人は本当は何を思いながら聞いているのかな?
おそう式でも 当の家族以外は久しぶりに会った 知り合いや友達との会話を楽しんでいる。私もその一人です。悲しみ辛さは笑いと背中合わせ。
悲しみ辛さの中にある笑いを楽しみたいな。

 

 
☆☆☆☆☆
 
 
んん、なんか深い!!!!!!
 

ヨークカルチャーセンター弘前では、山田スイッチの思考法&エッセイ講座が

隔週木曜で開催されています。お茶の時間もあるので、気楽に遊びに来てくださいね☆

スイッチより(^ ^)